ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

ダンボールコンポストの作り方

ダンボールコンポスト

ダンボールコンポストとは、ダンボール箱を利用した生ごみ処理容器のことです。
ダンボールに入れた基材(腐葉土など)に住んでいる微生物の力によって生ごみを分解し、堆肥を作ります。
ダンボールは通気性が良いため、基材の水分の調節や、微生物に必要な空気(酸素)を通すことに適しています。

(イラスト)ダンボールコンポスト

ダンボールコンポストの作り方

用意するもの

・本体用ダンボール(25リットル~30リットル程度、2重のものが望ましい)
・二重底用ダンボール
・蓋用ダンボール(本体に合うように作る。なくてもできるが、あったほうが良い)
・洗濯ネット(基材が出ないような細かい目で、基材が入る大きさ)
・新聞紙(2日分くらい)
・網目状の台(すのこなど)
・防虫ネット(バスタオルで代用可)
・ひも(防虫ネットの固定用)
・温度計(温度管理用、無くても可)
・ゴム手袋(生ごみをかき混ぜる用、シャベルでも可)
・ガムテープ
・基材(別表参照、用意しやすいものを使用する)

基材の種類(用意しやすいものを使用する)
基材例1 (おすすめ) ピートモス3:くん炭2
どちらもホームセンター等で購入できます。

例…ピートモス15リットル くん炭10リットル
基材例2 腐葉土10:米ぬか1

例…腐葉土1.5キログラム 米ぬか150グラム 
基材例3 ミンチ10:米ぬか1

例…ミンチ1.5キログラム 米ぬか150グラム

ミンチとは、剪定枝を細かくしたものです。新環境クリーンセンターで無料配布しています。ミンチの臭いが強い場合があります。

作り方

(写真)本体用ダンボールを組み立て、隙間をふさぐ

本体用ダンボールを組み立てて箱にし、隙間をガムテープでしっかりふさぐ。
(虫の侵入を防ぐため。)

(写真)二重底用の段ボールを敷く

本体の底に二重底用の段ボールを敷く。
(底を強化し、底が抜けるのを防ぐため。)

(写真)新聞紙を敷く

本体の底に新聞紙を敷く。
(新聞紙で余分な水分を吸収するため。)

(写真)蓋を作る

ダンボールで蓋を作る。
(水分調節・防虫のため。)

蓋がなくてもダンボールコンポストを使うことができるが、蓋があったほうが水分調整や防虫に便利。
基材が乾き気味の時は蓋をして水分の蒸発を防ぎ、基材の水分が多すぎるときは蓋を外して水分の蒸発を促す。

(写真)基材を洗濯ネットに入れる

基材を洗濯ネットに入れ、よく混ぜる。
洗濯ネットの口はしっかり閉める。
(防虫のため)

(写真)洗濯ネットを本体に入れる

基材を入れた洗濯ネットを本体に入れる。

(写真)蓋をし、防虫ネットを被せて固定する

蓋をし、蓋の上から防虫ネットを被せてひもで固定する。

(写真)網目状の台の上に置く

網目状の台(すのこなど)の上に本体を置く。
(通気性の確保、底の保護のため)

床に直接置くと底の劣化が早くなるので注意。

ダンボールコンポストの使い方

生ごみの入れ方

1.基材をよく混ぜ、ほぐす。

2.基材に細かくした生ごみを入れ、よく混ぜる。(1日に入れられる量は200グラム~500グラム)

3.洗濯ネットの口をしっかり閉め、蓋、防虫ネットを被せる。

4.生ごみの投入開始から3か月~6か月経過し、生ごみを分解しにくくなったら熟成させる。

熟成の方法

生ごみを入れ始めてから3か月~6か月経つと、発酵が遅くなり、生ごみが分解されにくくなります。
分解しにくくなったと感じたら、次の手順で熟成させた後、堆肥として使用してください。
熟成には夏は1か月、冬は2か月程度かかることがあります。

畑や庭で熟成させる場合

1.ダンボールコンポストへの生ごみの投入を終了し、1週間毎日かき混ぜる。

2.畑の土に穴を掘り、ダンボールコンポストの中身(基材のみ)を入れる。

3.穴の中で基材と土と混ぜ、1か月程度放置して熟成させる。熟成開始から1か月後、生ごみの形がなくなれば完成。
(冬は2か月程度かかることがある。)

ダンボールコンポストの中で熟成させる場合

1.ダンボールコンポストへの生ごみの投入を終了し、1週間毎日かき混ぜる。

2.1週間に1回程度、500ミリリットル~1リットル程度の水を入れ、かき混ぜる。

3.生ごみの形がなくなり、水を加えても温度の上昇がなければ熟成終了。
(夏は1か月、冬は2か月程度かかる。)

ポイント

生ごみは細かくする。 細かくした方が、分解が早くなる。
生ごみは出たらすぐに入れる。 虫の発生や腐敗を防ぐため、生ごみを三角コーナー等に長時間放置せず、すぐにコンポストに入れる。
毎日よくかき混ぜる。 生ごみを分解する微生物は、空気(酸素)が必要。
生ごみを入れない日も良く混ぜると分解が促進される。
基材はしっとりしている状態の水分量に保つ。 基材がしっとりし、握るとやわらかい塊になるくらいが理想。
乾燥しすぎると、微生物の活動が悪くなり、生ごみの分解が遅くなる。
水分が多すぎると、空気の通りが悪くなって微生物の活動が悪くなるほか、ダンボールが早く壊れてしまう。
分解されにくいものを入れない。 分解されにくいものの例
貝殻、玉ねぎの皮、トウモロコシの芯、タケノコの皮、骨、草、花、塩分が多いもの(漬物など)
強い臭いの発生源になるものを入れない 臭いの発生源になるものの例
生魚、生肉、生卵
(タンパク質は、一度に大量に入れると臭いが出ることがあります。)

ダンボールコンポストの置き場所

雨が当たらない、風通しの良い場所に置いてください。
壁から5センチ以上離して置いてください。

ダンボールコンポストの温度

分解が順調に進むと、基材の温度が20度~40度程度まで上がります。
寒い季節は温度が上がりにくく、生ごみの分解が遅くなりがちです。
寒い季節は微生物の働きを助けるため、バスタオル等で包んで日当たりの良い場所に置くか、70度くらいのお湯を入れたペットボトルと一緒に毛布やバスタオル等で覆い保温すると微生物が活発に活動できます。

Q&A

温度が上がらない。
生ごみが分解されない。
次のいずれかの方法を試して様子を見てください。
・コップ1杯程度の米ぬかを入れる。
・よくかき混ぜる。
・使用済みてんぷら油100ミリリットル程度を入れる。(油の入れすぎ注意。油を入れすぎると臭いが出ます。)
白カビが発生した。 白カビが発生しても問題ありません。
生ごみと一緒によく混ぜてください。
うじ虫が発生した。 虫が発生してもコンポストを続けることはできます。

一度発生した虫の退治は困難です。虫が発生したコンポストへの生ごみの投入は終了し、熟成させてしまうことも一つの方法です。

虫を除去したい場合は、見える範囲の虫を取り除いた後、卵を死滅させるために、黒いビニール袋に基材を入れ、直射日光の下に1週間程度置いてみてください。炎天下の自動車(高温)に入れると効果があるそうですが、臭いにご注意ください。(必ず退治できるわけではありません。)
白い粉っぽいもの(コナダニ)が発生した。 乾燥気味で温度が上がらない時に、コナダニが発生することがあります。
人間には無害とされますが、まれにアレルギー症状を引き起こすことがあります。コンポストの温度が上昇するといなくなるので、微生物の働きを活性化させるために水分と米ぬかを加え、よく混ぜて様子を見てください。
虫対策を教えてほしい。 虫の発生を防ぐために、次のことに注意してください。
・隙間はしっかりふさぐ。
・カバーをしっかりかける。
・生ごみを三角コーナーなどに放置しない。(放置した生ごみに虫が卵を産み、その卵がコンポストに入ってしまうことがある。)
・よく混ぜる。(分解を促進し温度を上げることで虫の発生を防ぐ。)
水分が多くなりすぎて基材がベタっとしてしまった。 次のいずれかの方法で調整してください。
・基材を追加して水分を調整する。
・ダンボールの蓋を開けて蒸発を促進する。(虫よけのために防虫ネットはしっかり被せる。)
アンモニア臭がする。 一度に大量の魚やイカの内臓を入れるとアンモニア臭が出ることがあります。
米ぬかや基材を追加し、よくかき混ぜて様子を見てください。
魚のアラを入れる場合は、事前にアラにお湯をかけると臭いの発生を抑えることができるそうです。
変な臭いがする。 次のいずれかの方法で様子を見てください。
・よくかき混ぜる。(空気が足りないと、悪臭が発生しやすい)
・米ぬかや基材を追加する。
・コーヒーかす(1杯~2杯分)を入れる。
・水分が多すぎる場合、基材を入れて水分を調整する。
・肉、魚、卵の投入を控え、米ぬかを加える。
数日家を空けるため、コンポストの世話ができない。 長期間家を空けるような場合には、雨の当たらない風通しの良い場所にコンポストを置きます。
放置後は少しずつ温度が下がり、休眠状態になります。
再開するときは、基材をよくかき混ぜてから生ごみを加え、乾燥していたら、水分や米ぬかを加えてください。
なぜダンボールでコンポストを作るのか。
発泡スチロールではだめなのか。
ダンボールは身近に手に入るほか、通気性に優れ、保温性もあるなど、生ごみを分解する微生物の生息に適した環境を整えてくれるからです。
生ごみを分解する微生物は空気(酸素)が必要なため、通気性に優れたダンボールがコンポストに適しています。
発泡スチロールなどでもできなくはないですが、通気性が良くないため、頻繁にかき混ぜて空気の通りをよくする必要があるほか、水分調整が難しくなります。
雨よけのためにダンボールをビニール袋で覆っても大丈夫か。 ダンボールコンポストをビニール袋で覆うのはお勧めしません。
ビニール袋で覆うと、微生物の呼吸や水分の蒸発が妨げられてしまいます。
どうしても必要な場合には雨の間だけ上にかけるようにして、普段は外してください。
熟成させずに、肥料として使えるか。 熟成させずに植物にそのまま与えると、根を痛めてしまのでおすすめしません。
しかし、スペースの関係等で熟成させずに畑に入れたい場合は、植物から少し離した場所に、土とよく混ぜて入れてください。
すのこの代わりになるものはないか。 木や発泡スチロールの角材(4本以上)やガムテープの芯(5個以上)を本体の下に張り付けるとすのこの代わりになります。
コンポストに使用した後のダンボールは何ごみか。 コンポストに使用した後のダンボールは、汚れてしまってリサイクルができないので、燃えるごみに出してください。
新聞紙、洗濯ネットも燃えるごみです。

お問い合わせ

廃棄物対策課(市庁舎10階南側)

電話:0545-55-2769 
ファクス:0545-51-0522
メールアドレス:ka-haikibutu@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る