ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

衣類等の拠点回収


 富士市では市内のまちづくりセンターや公共施設に衣類等の回収ボックスを設置しています。 平成24年4月1日から回収拠点、回収品目を大幅に拡大しました。
 集めた衣類等は国内外で再利用(リユース)したり、工業用のぞうきん(ウエス)などにリサイクルしたりします。また、いらなくなった衣類を回収ボックスに出すことで、燃えるごみを減らすことができます。 ぜひご協力をお願いします。

 また、平成27年4月1日から資源物集積所での月1回の衣類、ふとん類の収集を始めました。こちらもあわせてご利用ください。なお、収集日についてはごみカレンダーをご覧ください。

出し方・回収品目など

 各拠点場所には回収ボックスが用意してありますので、各種別(衣類+布類、くつ類、小物類の3種類)ごと資源物専用指定袋に入れて口を縛り、回収ボックスに入れてください。また、出す衣類、くつ類については洗ってから出してください。

★ まちづくりセンター等での拠点回収ではふとん、毛布類の回収は行いません。

回収品目

※基本的に衣類として着用できるものは回収できます。
※衣類としての質(穴あき、伸び、シミなど)は特に問いません。
※靴類は左右そろっているものに限ります。

<衣類、布類>(これらで1つの資源物専用指定袋に入れてください)
洋服、和服全般(シャツ類、フリース、制服、下着類、ジャケット類、着物など)、タオル類、ハンカチ、スカーフ類、シーツ、クッションカバー など

<くつ類>(これらで1つの資源物専用指定袋に入れてください)
スニーカー、革靴、パンプス など
※左右がそろっているものに限る

<小物類>(これらで1つの資源物専用指定袋に入れてください)
ベルト、帽子、バッグ、マフラー、ぬいぐるみ(小型のもの) など

回収できないもの

臭いがついているもの、長ぐつ、枕、マットレス、座布団、クッション、カーテン、キャリーバッグ

これらは衣類等として回収しませんので、適正に分別をお願いいたします。

よくある質問例

質問 答え
穴が開いているもの、破れているものは対象になりますか? 対象になります。もし、穴が開いているもの、破れているものなど衣類として使用できない場合はウエス(工業用のぞうきん)やフェルトの材料(緩衝材)として使用されます。
対象品目について、衣類以外はどのようなものが対象になりますか? 基本的には、身につけるものが対象になります。靴、バッグ、財布、小物入れ等は革製品でも布製品でも対象になります。また、タオルやシーツ、カバー類なども回収いたします。
回収されたものは、どのようにリサイクルされるのですか? 回収されたものは、国内外で中古品として再利用されます。海外では主に、東南アジアやアフリカなどに輸出されます。
衣類や小物類の出し方はどのようにして出したらいいですか? 富士市指定の資源物専用袋に入れて出してください。衣類、小物類、くつ類、それぞれ別々の袋に分けて出してください。
出すものは洗わないといけないのですか? 衣類については洗ってから出してください。靴類については、ある程度きれいなものであればそのままで構いません。
回収品目が増えると収集運搬料が発生するので、燃えるごみとして捨てたほうが税負担が減るのではないですか? 回収場所を増設して、対象物を濡らさない対策をとることで、100%回収が可能であることを条件に、収集運搬委託費が不要となったことから、税負担は一切発生しません。
回収された衣類、小物類の売渡金は発生するのですか? 資源物として回収されますので、売渡金が発生します。このため、燃えるごみの減量につなるだけでなく、市の新たな財源の確保にもつながります。

拠点回収場所一覧

すべてのまちづくりセンター、富士市役所本庁舎1階北側入口、富士体育館、富士川体育館、富士川ふれあいホール、フィランセ、交流プラザに回収ボックスを設置しました。お気軽にご利用ください。
また、新環境クリーンセンター、ひめな、市民ふれあいバンクでも回収を行っています。

施設休館日や営業時間外に施設の玄関先などに衣類などが置かれると、防火・防犯上問題となりますので、絶対にやめてください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

廃棄物対策課(市庁舎10階南側)

電話:0545-55-2769 
ファクス:0545-51-0522
メールアドレス:ka-haikibutu@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る