ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

指定給水装置工事事業者の指定の更新制度が導入されます

指定の有効期限が無期限から5年ごとの更新制に変わります。


指定の更新制度の概要

 平成30年12月12日に「水道法の一部を改正する法律」が公布され、水道法第25条の3の2に、指定給水装置工事事業者の指定の効力は、5年ごとに更新を受けなければ失効する旨が新たに規定されました。
 これに基づき、現在富士市の指定を受けている事業者の皆様も、指定の有効期限が経過する前に、更新の手続を行っていただく必要があります。なお、既に指定を受けてから5年以上経過している事業者の方には、政令により指定を受けた時期によって経過措置が設けられます。

  • 1998年(平成10年)4月1日から1999年(平成11年)3月31日に指定を受けた事業者の有効期間は、2020年(令和2年)9月29日までです。
  • 1999年(平成11年)4月1日から2003年(平成15年)3月31日に指定を受けた事業者の有効期間は、2021年(令和3年)9月29日までです。
  • 2003年(平成15年)4月1日から2007年(平成19年)3月31日に指定を受けた事業者の有効期間は、2022年(令和4年)9月29日までです。
  • 2007年(平成19年)4月1日から2013年(平成25年)3月31日に指定を受けた事業者の有効期間は、2023年(令和5年)9月29日までです。
  • 2013年(平成25年)4月1日から2014年(平成26年)9月30日に指定を受けた事業者の有効期間は、2024年(令和6年)9月29日までです。

 更新手続の方法や申請書類の提出時期等につきましては、水道事業者ごとに異なります。他水道事業者からも指定を受けている場合は、指定を受けた水道事業者にご確認くださるよう、よろしくお願いします。

お問い合わせ

水道維持課給水装置担当(富士市本市場441-1 県富士総合庁舎6階)

電話:0545-67-2835
ファクス:0545-67-2894
メールアドレス:su-iji@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る