ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市若年がん患者妊よう性温存治療費支援事業


将来子どもを産み育てることを望む若年がんの患者が、がん治療開始前に生殖機能を温存することで、希望をもってがん治療に取り組むことが出来るよう支援します。

補助の対象になる人

下記の項目すべてに該当する人
  1. 妊よう性温存治療を開始した日から終了した日までの期間において静岡県内(静岡市及び浜松市の区域を除く。)に住所を有する人
  2. がんの治療により生殖機能を低下させる又は失う恐れがあると医師に診断された人
  3. 妊よう性温存治療開始日において40歳未満の人
  4. 妊よう性温存治療開始日において静岡県特定不妊治療費助成事業又は一般不妊治療(人工授精)費助成事業の規定による補助を受けていない人
  5. その他の同種の補助を受けていない人
  6. 下記の医療機関において妊よう性温存治療を受けた人
妊よう性温存治療の内容 医療機関
精子の採取凍結 がん治療の担当医師又は妊よう性温存治療の担当医師から紹介を受けた医療機関
卵子若しくは卵巣組織の採取凍結又は卵子の採取、胚(受精卵)の凍結 静岡県特定不妊治療費助成事業実施要領(平成16年4月1日子家第170号静岡県健康福祉部長通知)第1(2)及び別表の「特定不妊治療費助成事業における医療機関の指定基準」の規定により指定され、公益社団法人日本産科婦人科学会の「医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)および卵巣組織の凍結・保存に関する見解」に準じて妊よう性温存治療を行う医療機関

補助金額

下記の金額を1人につき1回限り補助します。

男性 精子の採取凍結 上限2万円
女性 卵子若しくは卵巣組織の採取凍結又は卵子の採取、胚(受精卵)の凍結 上限40万円

平成31年4月1日以降に妊よう性温存治療が終了したもので、妊よう性温存治療に要する経費のうち、保険適用外の費用が対象です。
ただし、入院費、入院時の食事代等治療に直接関係のない費用及び凍結保存の維持に係る費用は除きます。

申請に必要な書類

  1. 富士市若年がん患者妊よう性温存治療費補助金交付申請書(第1号様式)
  2. 妊よう性温存治療実施証明書(第2号様式)
  3. がん治療実施証明書(第3号様式)
  4. 妊よう性温存治療に係る領収書原本
  5. 申請者の個人番号カード又は運転免許証等の本人確認書類
  6. 申請者名義の口座番号がわかるもの
  7. 印鑑(スタンプ式でないもの)

申請の方法と期限

次の申請期限までに必要書類を添えて健康政策課に申請してください。

妊よう性温存治療の終了日 申請期限
4月から12月 治療が終了した日の属する年度内
1月から3月 治療が終了した日の翌日を1日目として90日以内

様式ダウンロード

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

健康政策課健診担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-8992
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:ho-kenkou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る