ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

平成30年度食育推進地区事業〈元吉原地区〉

食育講演会を開催しました

 元吉原中学校において、東京大学大学院 農学生命科学研究科の准教授 宮沢佳恵先生を講師に迎え、「パーマカルチャー(人☆動物☆植物☆微生物が豊かにつながって生きる方法)」と題し、食育講演会を開催しました。
 元吉原中学校の生徒・保護者・地区住民を中心に、多くの方にご来場いただき、食の循環や自然との共生について学び、環境と調和した食生活への理解を深めてほしいという思いが届けられました。

【実施日】6月21日(木曜日)
【講師】東京大学大学院 農学生命科学研究科 准教授 宮沢佳恵 先生

(写真) 食育講演会の様子

(写真) 講師の先生に感想を伝える生徒

敬老会で食育講座を行いました

(写真)敬老会における食育クイズ

敬老会などで、高齢者に向けた食育講座を行いました。「マル」と「バツ」で回答する食育クイズで、楽しく食育に親しんでいただきました。

・元吉原地区敬老会
【実施日】9月15日(土曜日)【場所】東部プラザ

・桧町敬老会
【実施日】9月16日(日曜日)【場所】桧町公会堂

・今井毘沙門町敬老会
【実施日】9月17日(月曜日)【場所】妙法寺本堂

元吉原地区文化祭で食育ブースを出展しました

 元吉原地区文化祭において食育ブースを出展し、元吉原中学校の生徒を対象に募集した食育標語の投票や豆つかみゲーム等を行いました。

【実施日】10月28日(日曜日)
【場所】元吉原小学校

(写真) 食育標語の投票の様子

(写真) 豆つかみゲームでおはしの練習

食育標語 入賞作品

標語 学年・氏名(敬称略)
最優秀賞 笑い声 人と繋がる 食卓を 3年・鈴木 沙也佳
優秀賞 食材に 感謝を込めて 食べきろう! 3年・遠藤 優至郎
優秀賞 食育で 育ててわかる 人の苦労 3年・馬場 実夢

ふれあい昼食会を開催しました

 元吉原地区において、福祉推進会の主催により、共食と地産地消をテーマとした「ふれあい昼食会」を開催しました。富士市や元吉原地区で取れた食材をふんだんに使ったお弁当を作り、地域の皆さんにふるまいました。

【実施日】11月25日(日曜日)
【場所】元吉原まちづくりセンター 

(写真) お弁当

(写真) ふれあい昼食会献立一覧

(写真)昼食会の様子

防災訓練において食育啓発を行いました

 地区の各地で行われた防災訓練において、災害時の食生活やローリングストック法などの食料備蓄についてお話ししました。また、非常用保存食と、ポリ袋に食材や調味料を入れて作る「パッククッキング」という調理法で作ったコーンご飯と蒸しパンの試食を行いました。
 災害時には食料の供給が滞ることで、食事が偏りがちになり、健康に影響を与えることがあります。そのため、特に不足しがちなたんぱく質やビタミン類を摂取するため、魚・肉・大豆製品や野菜などを含む食料備蓄が大切です。

・鈴川浜町防災訓練
【実施日】12月2日(日曜日)【場所】元吉原中学校

(写真) パッククッキングの準備をする様子

(写真) 鍋で袋を茹でる様子

(写真)非常用保存食

お正月料理講座を開催しました

 元吉原地区在住の方を対象として、「日本の食文化 お正月料理講座」を開催しました。菖蒲 瑞恵さんを講師に迎え、全部で8種類のお正月料理を作りました。
 季節ごとの日本の伝統的な食文化を継承していくことはとても大切です。

【実施日】12月8日(土曜日) 【場所】元吉原まちづくりセンター

(写真) お正月料理講座の様子

(写真) 講座で作ったお正月料理

お問い合わせ

保健医療課食育推進室(市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2884 
ファクス:0545-53-5586
メールアドレス:ho-iryou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る