楽しむ

静岡デスティネーションキャンペーン

更新日:2020年04月10日

デスティネーションキャンペーン(DC)とは

地方自治体とJRグループ6社、観光事業者等が共同で実施する日本最大の観光キャンペーンです。開催期間の3ヶ月間に重点的かつ集中的な広告宣伝やプロモーション活動を実施することで、全国から観光誘客を図り、地域を活性化させることを目的として行われます。

静岡DCについて ※4月10日更新

!静岡DCロゴマーク

静岡県では「アッパレしずおか元気旅」をキャッチフレーズに、静岡県、県内市町、JRグループ6社、観光事業者等が共同で本番DC(2019年4月から6月)とその前後のプレDC(2018年4月から6月)とアフターDC(2020年4月から6月)の3ヵ年をキャンペーン期間としてプロモーション活動を実施しています。

※新型コロナウイルス感染症の感染予防および感染拡大防止のため、特別企画やイベントの中止・延期・内容の変更、施設の休館・営業時間の変更等が生じています。必ず事前にご確認のうえ、お出かけください。
※お出かけの際は、手洗いや咳エチケットの徹底や、換気の悪い「密閉空間」、多数の人が集まる「密集場所」、間近で会話や声を出す「密接場面」のように、「3つの密」の条件が重なる環境を避けていただくなど、感染予防行動の徹底をお願いします。

富士市の企画について ※4月10日更新

富士市では、DC限定の特別企画として、日本夜景遺産である岳南電車にて車窓から夜景を眺めながら途中下車し、1駅区間散策しながら工場夜景を眺める「鉄道&工場のW(ダブル)夜景をW(ダブル)撮り!」が企画されていましたが、新型コロナウイルス感染症の感染予防および感染拡大防止のため、中止することとしました。
このほかの本市の企画についても中止となった企画があります。
詳しくは、静岡デスティネーションキャンペーン特設サイトをご覧ください。