ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

平成31年度施政方針 【むすび】


 以上、私の市政運営における所信の一端と新年度の施策の大要について申し上げました。

 本市初の名誉市民である物理学者の戸塚洋二氏は、ニュートリノ観測装置スーパーカミオカンデの光電子増倍管の半数以上が破損する事故が発生した際、リーダーとして迅速な復旧に向け、決断を下しました。
 この決断が、世界的な研究を継続させ、宇宙の成り立ちの解明に繋がる重要な成果をもたらしました。

 本市が、5年後、10年後、50年後、さらにはその先の未来まで持続可能な都市として発展していくためには、様々な局面において、決断が求められます。
 新たな時代の幕開けの年に当たり、私をはじめ全ての職員が、様々な課題を更なる発展への可能性と捉え、市民の皆様の声を大切にし、「随所に主たれ」という気概を持って、あらゆる場面において自ら考え行動してまいります。
 何卒、議員各位をはじめ、市民の皆様のより一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 本定例会に提案いたしました各会計予算案をはじめ、全ての提案について、十分なるご審議を賜り、議決をいただきますようお願い申し上げまして、私の施政方針といたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

企画課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2718
ファクス:0545-53-6669
メールアドレス:so-kikaku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る