ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

市長フォトニュース(6月29日~7月5日)

2015年07月08日掲載

平成27年7月1日 高齢者交通事故防止対策推進モデル地区指定書交付式

 高齢者交通事故防止対策推進モデル地区指定書交付式を行いました。
 広見地区、須津地区の代表者に、「高齢者交通事故防止対策推進モデル地区」の、指定書をお渡ししました。
 この事業は、高齢者の皆さんが、自ら交通安全に対して意識を高め、地域の方々と一体となって啓発活動を推進していただき、高齢者の交通事故を撲滅するのが目的です。
 この指定を機に、地区住民の皆さんが、交通安全に対する関心と思いやりをより一層深め、高齢者の皆さんと一体となり「自らの命は自ら守る」という自覚を更に高めていただきたいと思います。

! 交通事故防止を推進していきます

他地区の模範となる事故防止対策に取り組んでほしいと思います

平成27年7月3日 富士市防火協会創立50周年記念式典

 富士市防火協会創立50周年記念式典がロゼシアターで開催されました。
 会員の皆さんのご尽力により、各事業所に自衛消防隊が整備され、火災初期の対応が迅速・確実にされることに加えて、自社からは絶対に火災を起こさないという防火の意識が向上したことで、近年、大規模な火災は減少傾向にあります。
 私たちも市民の安全を守るために、より一層力を尽くしていきますので、今後も皆さんには市の消防行政にご協力いただきたいと思います。

! 消防機関と密接な連携に感謝します

平成27年7月4日 大淵ふれあいまつり

 大淵ふれあいまつりが大淵第一小学校で開催されました。
 各種団体によるステージパフォーマンスをはじめ、おむすび体験や七夕飾りコンテスト、模擬店などとても賑やかでした。
 開会の挨拶にあった、「ふれあいの輪を広げ、住んで良かった、住みたいと思う大淵」になってほしい思います。

! 霧がかかってましたが、屋外で祭りができました

! やきそばが美味しかったです

平成27年7月5日 中国人殉難者慰霊祭

 中国人殉難者慰霊祭が中丸平松墓地で行われました。
 富士市では昭和19年、富士飛行場建設のため、中国の人々が強制連行され、52人の尊い生命が失われました。貧窮した食糧事情と重労働のなか、望郷の念を抱きつつ、昇天された諸霊の思いは、察するに余りあるものがあります。幸い地元住民の方々の協力と関係各位の努力により、ご遺骨が祖国に戻ることができ、諸霊が安らかな眠りにつかれていることは、せめてもの慰めです。
 こうした慰霊祭を通じて、次代を担う若い世代に、平和の尊さ、平和を守るために皆で手をたずさえることの素晴らしさを伝えていくことが、在天の諸霊に報いるすべと信じています。

! 哀悼の意を捧げました

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

秘書課(市庁舎8階南側)

電話:0545-55-2703
ファクス:0545-53-6330
メールアドレス:hisho@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る