ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

市長定例記者会見(映像・資料)【平成29年09月08日実施】

2017年09月08日掲載

富士市立中央病院の地域医療支援病院の承認について

【市長コメント】
 富士市立中央病院は、かかりつけ医をはじめとした地域の医療機関との適切な役割分担や連携、これまでの救急医療の実績が認められ、平成29年8月29日付けで、静岡県知事より「地域医療支援病院」に承認されました。
 この「地域医療支援病院」とは、地域の医療機関が連携して、必要とされる医療機能の確保や役割分担を図るなかで、紹介患者に対する医療提供や医療機器等の共同利用を通じて、一次医療を担う「かかりつけ医」を支援し、「地域完結型医療」を推進する病院です。
 承認されるためには、紹介患者に対する医療提供の実績や救急搬送患者の受入れ状況のほか、高度医療機器の共同利用や地域の医療従事者に対する教育研修会の実施など、地域に対する医療貢献が秀でていることが要件としてあります。
 これまで、他の医療機関から紹介されて来院した患者の割合を示す紹介率の低さが課題でありましたが、ここ数年確実に向上し、特に昨年は、紹介患者としてカウントできる高度医療機器の利用について紹介枠を増やしたことや、検査結果の郵送サービスを実施したことなどにより、紹介率の要件を満たすことができ、他の要件もすべて満たしていることから、承認申請の運びとなったものです。
 今回の承認により、初期の診療は「かかりつけ医」で、高度・専門医療は「地域医療支援病院」で受診するよう、機能分化がさらに進むことで、二次医療を担う急性期病院としての病院機能の維持と、患者さんの外来待ち時間の短縮にも繋がるものと考えております。
 今後も、引き続き「地域医療支援病院」として、地域の皆さんが、安心して暮らせるまちづくりのために、「かかりつけ医」との紹介や逆紹介を通じて、切れ目のない医療を提供する「地域完結型医療」を推進してまいります。

問い合わせ 富士市立中央病院 医事課地域連携室 電話0545-52-1131 内線2917

富士市結婚相談・縁結び事業に係るマッチング支援システムの導入について

【市長コメント】
 全国的な少子化傾向は、本市においても顕著となっており、その主な要因として、「未婚化」や「晩婚化」があります。
 結婚や妊娠、出産につきましては、個人の自由な選択や価値観が優先されるものではありますが、少子化による人口の減少は、将来にわたり持続可能な社会を維持していくために克服しなければならない喫緊の課題であります。
 このため、従来の子育て施策に加えて、これまで行政が立ち入りにくいと考えられてきた個人の領域である「結婚」という分野にあえて踏み込み、独身の方々への積極的な支援を行っていく必要があると考えております。
 そこで、本年度から、これまで富士市社会福祉協議会が行っていた結婚相談事業「ハッピネスFuji」を本市の事業として位置付け、相談所を開設し、同協議会に業務を委託しております。
 この度、さらなる事業の推進に向けて、結婚相談に係るマッチング支援システムを新たに導入するとともに、結婚・婚活に関する情報を集約した専用ウェブサイトを、本日開設いたしました。
 今後は、本市が主体的・継続的に結婚相談事業を実施することにより、安心感や話題性などのメリットを生かした結婚支援を展開し、結婚したいと願う独身男女の希望が叶うようサポートしてまいりたいと考えております。
 なお、市町において結婚相談を実施し、会員登録者がいつでもどこでも希望相手を検索できるなどインターネットに対応したマッチング支援システムを導入する取組は、全国的にもほとんどない例だと考えております。

問い合わせ こども未来課 電話0545-55-2731

富士市立南小規模保育事業所(愛称:みなみっこ)の開設について

【市長コメント】
 本市におきましては、平成29年4月現在、1歳児35人、2歳児2人の合計37人の待機児童が発生しております。
 「安心して 子どもを生み育てることができる まち」を目指しております本市にとりまして、待機児童の解消は取り組むべき喫緊の課題であります。
 このため市では、本年度を待機児童解消のための集中取組期間と位置づけ、昨年度から国がスタートさせた新たな保育事業であります、「企業主導型保育事業」を促進する市独自の補助制度創設や、民間小規模保育事業所の設置への支援、また、公立保育所の施設改修などにより、児童の受入枠の拡大を図っております。
 今回は、この取組の一環として、富士市立南幼稚園内に、公立施設としては本市初となる、また、公立幼稚園を活用した小規模保育事業所の設置としては全国初となる「富士市立南小規模保育事業所(愛称)『みなみっこ』」を開設することといたしました。
 小規模保育事業所とは、定員が6人から19人の比較的小規模な0歳から2歳までの児童を受け入れるための保育施設であり、市が認可を行うこととなっております。
 この度の、富士市立南小規模保育事業所では、定員を1歳児5人、2歳児6人といたしました。
 この定員といたしましたのは、主に1歳児と2歳児で待機児童が発生していることや、幼稚園内の空きスペースを勘案したものであります。
 なお、来年4月に富士市立天間幼稚園内におきましても同様の事業を実施する予定であります。
 これらの事業や企業主導型保育事業所、民間小規模保育所開設などにより、第五次富士市総合計画の目標を2年前倒しした、来年4月時点での待機児童ゼロを実現するために必要な受入枠の確保が図られるものと考えております。

問い合わせ こども未来課 電話0545-55-276

特定任期付職員としての弁護士の採用について

【市長コメント】
 多様化・複雑化する行政ニーズへの的確な対応や市民サービスのさらなる向上と法務マネジメント機能を強化するため、本市では、弁護士資格を有し、法務に関する高度な専門知識を行政分野で発揮できる人材を、特定任期付職員として募集いたします。
 本市において担当する業務は、行政執行上の法令解釈など職員からの相談対応のほか、訴訟対応、政策立案に関する業務などで、総務部総務課への配属を予定しております。
 採用予定人数は1人で、採用予定日は平成30年4月1日からの3年間、課長級の職員として任用し、給与は基本給として月額53万2,000円の支給を予定しております。
 採用試験は11月25日の土曜日に実施し、募集期間は9月15日から11月15日までといたします。受験資格として、年齢は不問ですが、弁護士としての実務経験が3年以上あることを要件としております。
 なお、地方公務員として勤務する弁護士については、日本弁護士連合会の調査によりますと、本年7月時点において、全国で105団体、149人が任用されており、本市で弁護士採用が実現いたしますと、静岡県内では、昨年4月から採用した島田市に続き2例目となります。

問い合わせ 人事課 電話0545-55-2711

「富士青春市民」ポスター及び専用ウェブサイト開設について

【市長コメント】
 今年の2月に、富士市ブランドメッセージ「いただきへの、はじまり 富士市」を発表し、「青春大賞」にブランドメッセージを掛け合わせた事業として、「富士青春市民プロジェクト」を新たにスタートいたしました。
 富士青春市民とは、自分なりの“いただき”を目指して「一歩踏み出す人」「その歩みを応援する人」「とにかく富士市のことが好きな人」のことです。
 本日より、「We are 青春市民」を合言葉に、わかりやすく表現したポスターを、市内公共施設をはじめ、コンビニエンスストアやスーパーなどに順次張り出してまいります。
 今まで、少しイメージしにくかった「富士青春市民」の取組を、自分なりの“いただき”を目指して“一歩踏み出す”という1枚の写真で表現し、市民の皆さんに青春市民プロジェクトの認知を図るとともに、一歩踏み出した人を、まち全体で応援しているあたたかい“まち”であることを伝えていきたいと考えております。
 あわせて、本日より富士青春市民専用ウェブサイトを開設いたしました。これは、ポスターを見て興味を持った人が検索したとき、より詳しい内容が、わかりやすく掲載されているサイトとなるよう意識して制作いたしました。
 このウェブサイトは、子育てや家庭、仕事などが忙しく、まちづくりへの参画が、しにくい世代である、30代や40代の女性を意識したもので、イラストを中心としたコンテンツで表現され“かわいい”と感じていただけるものとなっております。
 中でも、青春市民の紹介コーナーについては、市民の皆さんの踏み出した小さな一歩を取材し、取り上げることで、親近感を覚えてもらうものとなるように心がけて制作しております。
 そのほか、サイト内には、青春市民への申し込みフォームがあり、興味を持って検索した方が、そのまま申し込みできるような仕組となっております。
 本サイトの開設にともない、ポスターを見て興味を持った市民の皆様が、ウェブサイトに訪れていただいたときに、的確に情報をお伝えできるようになりましたので、多くの皆さんにご覧いただき、青春市民となっていただきたいと思います。

問い合わせ シティプロモーション課 電話0545-55-2958

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

シティプロモーション課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2700
ファクス:0545-51-1456
メールアドレス:so-citypro@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る