ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市コンベンション等開催事業補助金

2015年05月15日掲載

富士市コンベンション等開催事業補助金は、一定規模の宿泊を伴うコンベンション等を富士市で開催する主催者に対して交付される補助金です。

コンベンション等とは・・・

コンベンション等とは、次に掲げる催しで、県外からの参加者があるものです。

1.学会
学術研究団体が主体となり、当該学術研究団体の構成員を対象として開催する発表及び討論を行うための集会その他これに類するもの
2.大会・会議
団体の構成員等が特定の課題に対して意見の発表及び討論を行うための集会又はセミナーその他これに類するもの
3.スポーツ大会
団体の構成員、専門家等がスポーツ技術の向上及び発展のために行う競技会その他これに類するもの

補助金の概要

補助対象事業

次の条件を全て満たすもので、富士市の観光振興に寄与すると市長が認めるものが補助金の交付の対象となります。

  1. 富士市を主会場として開催されるものであること
  2. 開催期間内における市内の宿泊施設へのコンベンション等の参加者の宿泊総数が100泊以上となること
  3. 国又は地方公共団体が主催又は共催をするものでないこと
  4. 政治的もしくは宗教的活動又は専ら営利を目的とするものでないこと
  5. 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害する恐れがあるものでないこと
補助金の額

補助金の額は、次に掲げる額の合計額となります。

  1. 開催期間内における市内の宿泊施設へのコンベンション等の参加者の宿泊総数×500円(最高50万円)
  2. コンベンション等の参加者の送迎バスの借上料の2分の1(最高7万円、100円未満切捨)

補助申請の流れ

補助金交付申請書の提出(開催2週間前までに)

(イメージ)開催前の流れ

1. 申請書の提出(富士市富士山・観光課へ)
・開催事業補助金交付申請書(第1号様式)
・収支予算書
・事業計画書、宿泊計画書
(借上バス利用の場合は運行計画・見積)
・その他の参考資料(パンフレット等)

2. 交付決定
申請内容を審査し、適当と認めるものについては、交付決定通知書が郵送されます

補助金実績報告書の提出(終了後、1か月以内に)

(イメージ)終了後の流れ

3. 実績報告書の提出(富士市富士山・観光課へ)
・実績報告書(第4号様式)
・収支決算書
・宿泊証明書(宿泊施設からの証明)
(借上バス利用の場合は運行実績・領収書)

4. 交付確定
報告内容を審査し、交付すべき補助金の決定金額について、交付確定通知書が郵送されます

請求書の提出(交付確定通知受領後、すみやかに)

5. 請求書の提出(富士市富士山・観光課へ)

6. 振り込み
請求書に記載された口座に補助金が振り込まれます

その他のコンベンション支援

富士市コンベンション等開催事業補助金とは別に、富士山観光交流ビューローでもコンベンションの開催支援を行っています。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

富士山・観光課(市庁舎5階南側)

電話:0545-55-2777
ファクス:0545-55-2937
メールアドレス:sy-fujisankankou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る