ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

田子の浦港の歴史


港の歴史の写真1

 古くは「吉原湊」と呼ばれた田子の浦港は駿河湾の最奥部にあり、富士山麓の南を流れる沼川と潤井川の合流点に建設された「堀込式人工港湾」で、昭和33年から10余年の歳月と総工費130億円をかけて完成しました。
 富士市を中心とする岳南地域は、遠く江戸時代よりの特産地として名高く、近代になると製紙・パルプ工業などの軽工業が発達しました。
 戦後は、食品加工・化学・繊維・自動車・電気機械などの大企業が進出し、加えて関連中小企業の設立や設備投資が相次ぎ、新しい工業地域として脚光を浴びるようになりました。

港の歴史の写真2

 昭和30年代に入り、県は産業基盤整備を重点とした総合開発計画を策定し、この岳南地域に駿河湾臨海工業地帯の拠点とする「工業港」の建設を決定し、昭和33年4月より第一期修築工事に着手しました。
 工事は、海底勾配が急峻でしかも太平洋の荒波を直接受ける漂砂海岸という厳しい自然条件の中で進められ、昭和36年8月に開港。翌37年2月待望の第一船入港、同年12月には管理事務所の設置と、港湾管理体制は着々と整えられました。

港の歴史の写真3

 その後昭和39年4月には重要港湾、41年4月には関税法による開港の指定と、名実ともに国際貿易港として順調に伸展してきました。

 工業生産の増加は、かつて、港内に工場排水による汚泥堆積を引き起こしました。そのため、昭和46年4月からの4次にわたる浚渫作業により港湾施設の機能回復が進められ、昭和55年度に至り、公害物質は一掃され、港の環境は大幅に改善されました。

 なお、平成13年に平成20年代前半を目標年次とする港湾計画が策定されました。
 この計画では、「産業活動を支える物流機能の高度化」として機能整備を、「市民生活向上への寄与」として環境・施設等整備を重点的に進めていくとともに、入港船舶の大型化等に対応した施設整備を更に展開していくこととしています。
 平成23年における入港船舶は、2,850隻、総トン数は398万トンで、平成24年における入港船舶は、2,625隻、総トン数は356万トンでありました。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

産業政策課港湾振興室(市庁舎5階南側)

電話:0545-55-2816
ファクス:0545-51-1997
メールアドレス:sa-sangyou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る