ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

「富士ひのき製 富士山型サイクルラック」の設置について

2016年10月26日掲載

 富士市は、富士ひのき加工協同組合や静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会等との連携により製作した、富士ひのきを使用した富士山型のサイクルラックを、県東部地域に設置しています。
 本事業は、富士地域の特産品である富士ひのきのブランド化を推進するとともに、自転車走行環境整備の一環として富士山の眺望地点などの観光スポットへサイクルラックを設置することにより、サイクリストの誘客を図り、富士地域及び伊豆地域の活性化につなげることを目的に実施しているものです。

1 設置場所

(1) ふじのくに 田子の浦みなと公園

 ふじのくに 田子の浦みなと公園は、富士山と田子の浦港・駿河湾の眺望が素晴らしく、市民にはもちろん、人気のサイクリングコースである富士海岸の堤防を走る自転車愛好家にとっても絶好の憩いの場となっています。また、公園近くの田子の浦漁協食堂には、週末を中心に、サイクリストや観光客等が生シラス丼などを食べに訪れ、大変に賑わっています。

! ふじのくに田子の浦みなと公園での利用の様子

! 田子の浦港

(2) サイクルスポーツセンター(伊豆市)

 サイクルスポーツセンターは、2020年東京オリンピック・パラリンピック自転車競技の「トラックレース」「マウンテンバイク」の会場として選ばれた、サイクルスポーツの「聖地」です。園内の富士見レストラン前の広場に設置しており、多くのサイクリストや、家族連れに利用していただいています。

! サイクルスポーツセンターでの利用の様子

! サイクルスポーツセンター

(3) 道の駅朝霧高原(富士宮市)

 国道139号線沿いに位置する「道の駅」朝霧高原は、雄大な富士山を背景に緑輝く草原が広がり、周りは多くの観光資源に恵まれています。牛舎風デザインと牧歌的イメージで整備され、地元の特産品などの販売コーナーが人気です。また、朝霧高原は、酪農や、パラグライダー・乗馬などのアウトドアスポーツが盛んなほか、富士山の有名な撮影スポットとしても知られています。

! 設置の様子

! 朝霧高原

2 展示用サイクルラックの貸し出しについて

 富士ひのき製 富士山型サイクルラックを広くPRするため、自転車イベントへの展示等に展示用サイクルラック(ひのき地色、1台限り)を無料で貸し出しています。貸し出しを希望される方は、富士市役所産業政策課(下記お問い合わせ参照)までご連絡ください。

!展示例(FUJI-ZONCLAN ヒルクライム in 小山町 2016 )

3 製作・販売について

 富士ひのき製 富士山型サイクルラックの製作・販売は、富士ひのき加工協同組合で行っています(受注生産)。お気軽にお問い合わせください。

富士ひのき加工協同組合
〒417-0801 富士市大渕4622番地
・電話 0545-37-0117
・ファクス 0545-37-0118

!設置例(三島市 楽寿園)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

産業政策課(市庁舎5階南側)

電話:0545-55-2952
ファクス:0545-51-1997
メールアドレス:sa-sangyou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る