ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

放火による火災を防止するために

近年、全国的に放火による火災が増加傾向にあります。放火による火災を防止するため、放火されない防火意識と防火対策が必要となります。各家庭で防火対策を行い、地域においては「自分たちのまちは、自分たちで守る」という意識をもって、地域ぐるみで「放火されない環境づくり」に努めることが放火対策の重要なポイントです。

放火防止対策

  1. 敷地内や建物内に容易に侵入されないようにする。
  2. ゴミは回収日の決められた時間帯に出す。
  3. 屋外に不要な可燃物を放置しない。
  4. やむを得ず屋外に可燃物を置く場合には、防炎シート等で覆う。
  5. 地域、隣近所と気軽に声を掛け合う。

(イラスト)火の用心

火災発生状況

火災統計

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

消防本部予防課(消防防災庁舎2階)

電話:0545-55-2859
ファクス:0545-53-4633
メールアドレス:fi-yobou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る