ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

新幹線沿線での火災予防について

新幹線沿線での火災予防について

 平成22年10月、愛知県で新幹線の線路盛土の斜面にある枯草が燃える火災があり、30本の列車が遅れ、約2万人の乗客に影響がでました。また、平成24年10月には、宮城県において新幹線の沿線で納屋が燃える火災があり、2本の列車が運休、24本の列車が遅れ、約1万8千人の乗客に影響がでました。
 このように、新幹線沿線で火災が発生すると、社会的に大きな影響を与えることになります。沿線周辺で野焼き等を行う場合は、気象状況による中止の判断や、消火準備等の火災予防対策に十分配慮していただきますようお願いします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

消防本部予防課(消防防災庁舎2階)

電話:0545-55-2859
ファクス:0545-53-4633
メールアドレス:fi-yobou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る