ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

想定外の災害に備えて(富士市・富士宮市消防指令センターサポート室)


(写真)消防指令センターサポート室風景

 富士市・富士宮市消防指令センターサポート室は、富士宮市弓沢町にある富士宮市庁舎の地階に開設されております。
 想定を超えた規模の地震や津波の発生、あるいは指令装置の重大障害等により富士市永田町にある富士市・富士宮市消防指令センターの機能が失われた場合に、両市の全ての119番通報を本施設に迂回させ、119番通報の受信から消防隊の出動指令までを富士宮市で継続することが可能となりました。

 また、通常時には消防指令センターから送られた富士宮市の災害情報を本施設で受信し、消防指令センターと富士宮市消防指揮本部とが一体となった災害対応を行います。

想定外の災害とは

◇ 想定を超えた高さの津波の来襲
 ・静岡県第4次地震被害想定の最大津波高は6メートル、消防指令センターがある消防防災庁舎の海抜は7.6メートルです
◇ 想定を超えた規模の地震
 ・消防防災庁舎には免震装置が設置されています。一般的に、免震装置は地震の揺れの損害を約5分の1にすると言われております。
◇ 指令システムの重大障害
 ・指令システムの中枢装置である指令制御装置に障害が発生した場合には、自動的に非常用指令設備に切り換わり、通常時と変わらない運用が可能となっています。
◇ 長時間に渡る停電中に発生した自家発電装置の故障
 ・消防指令センターが停電した場合には、自家発電装置が自動起動し消防指令システムに非常電源が供給されます。
◇ 消防防災庁舎の火災

などが考えられます

迂回できる119番通報

119番通報には以下のものがあり、これらすべての119番通報を本施設に迂回することができます。
◇ 固定電話からの119番通報
◇ IP電話からの119番通報
◇ 携帯電話からの119番通報
◇ FAXからの119番通報
◇ スマートフォン又は携帯電話のWeb機能を利用した119番通報(NET119)

119番通報の受信から出動指令まで

(写真)迂回119受信設備

 迂回した119番通報を本施設で受信した場合、受信員はノートPCにインストールされた汎用の地図ソフトを利用して災害地点を確認します。
 災害内容と災害発生地点が判明したら、消防救急無線等を使用して消防署や消防・救急車両に対して出動指令をかけます。

富士市・富士宮市消防指令センターサポート室の主要機器

◇ 壁掛け式70型モニター
 災害現場の映像や高所カメラの映像、その他の支援情報を映します
◇ スライド天板タイプ会議テーブル
 スライドすることによりテーブルが会議室用から警防本部用に瞬時に変わります
◇ 現場映像伝送装置
 災害現場の映像や音声をサポート室に送信します
◇ 高所監視装置
 富士市と富士宮市に設置した高所カメラをサポート室で遠隔操作します
◇ 無線遠隔制御機・卓上型固定無線機
 消防指令センター、消防指令センターサポート室、各移動局との交信に使用します
◇ 災害情報共有システム
 広域災害情報(家屋の浸水、河川氾濫、崖崩れなど)を共有するシステムです
◇ Web情報共有システム
 災害事案や車両運用状況、気象状況といった最新情報を共有するシステムです
◇ 119番通報受信用多機能電話
 ファクス受信内容表示機能付の119番受信用多機能電話です
◇ NET119受信設備
 聴覚障がいや音声・言語機能障がいで音声通報が困難な方が、携帯電話等のWeb機能
を利用して119番通報した内容を受信する装置です
◇ 地図検索用ノートPC
 富士市と富士宮市の地図をインストールしたPCを使用して災害点を確認します

以上の主要機器は、想定外の災害の時だけでなく、毎年発生する通常災害(大雨、台風)の時にも使用します(機器を兼用しています)

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

消防本部情報指令課(消防防災庁舎5階)

電話:0545-55-2857
ファクス:0545-54-1341
メールアドレス:fi-jouhoushirei@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る