ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

災害派遣トイレネットワークプロジェクトみんな元気になるトイレ

2017年09月28日掲載

災害派遣トイレネットワークプロジェクトみんな元気になるトイレの解説と、本市で実施したクラウドファンディングの結果等について紹介します。


 

トイレトレーラー購入のためにクラウドファンディングを実施しました

トイレトレーラーを購入するための資金1,000万円を富士市内外の皆さんのご支援により調達したいと考え、平成29年7月16日~9月16日までクラウドファンディングを実施しました。9月16日最終日に目標金額の1,000万円を達成、最終的には目標を大きく上回る10,573,000円ものご支援をいただきました。寄附やSNSでの情報発信など様々なご支援・ご協力、本当にありがとうございました。

災害派遣トイレネットワークプロジェクトみんな元気になるトイレとは?

このプロジェクトは、助けあいジャパンによって企画されました。1台あたり4部屋の水洗トイレが付いたトレーラーを、全国の1741市区町村が1台ずつ所有し、大規模災害時に各自治体からトイレトレーラーを被災地へ派遣することで、災害時における被災地のトイレ不足の問題を改善しようとするものです。

みんな元気になるトイレプロジェクトへの参加

(写真)みんな元気になるトイレ共同発表

阪神淡路大震災以降、大きな地震が起こるたびに被災地のトイレ不足問題が起こってきました。本市では、計画的に災害用トイレを備蓄してきましたが、避難が長期化したときに快適に使用できるトイレは不足することが予想されています。これは、全国の自治体共通の課題でもあります。
今回、助けあいジャパンからこのみんな元気になるトイレプロジェクトについてお話をいただいた際、このように全国の自治体と助け合うネットワーク作りができれば、避難が長期化したときの課題も解決できると考え、全国の第1号として参加することを決意しました。
7月16日には、田子浦みなと祭りの会場で、このプロジェクトの発起人で助けあいジャパン代表理事の石川淳哉さんから、同プロジェクトの開始宣言を行い、市長からは、富士市が他の自治体に先駆けトイレトレーラー1台を常備し、市職員(ヒト)とトイレットペーパーなどの物資(モノ)と共に被災地に駆けつける体制を確立し、このプロジェクトを全国に広めていくことを発表しました。

みんな元気になるトイレを富士市に!!その1(Radio-f防災パートナーの会作成動画)

トイレトレーラー購入に係る寄附金は平成29年12月15日まで防災機器管理課で募集します

クラウドファンディングは、1,000万円を目標に実施しましたが、トイレトレーラー購入費、車両ラッピング費、牽引する車両の改造費などを含めると1,300万円余の費用が掛かります。そこで、引き続き防災危機管理課で寄附金を募集します。

申込み方法 寄附申出書に「氏名、住所、連絡先、寄附金額、申込日」、「支援の方法」など必要事項を記入し、郵送、ファックス、電子メール等により、防災危機管理課までお申し出ください。
申込み先 富士市役所 総務部防災危機管理課(連絡先は下記お問い合わせ先にあります)
寄附内容の確認 寄附申出書を市で受付した後、その内容について確認をさせていただくことがあります。
寄附 寄附の方法は、郵便振替、納付書、現金書留、直接持参の4種類から選んでください。
郵便振替、納付書をご希望の場合には、申込み後、市から専用の用紙を郵送しますので、そちらをご利用ください。
寄附金受領書の取得 寄附金受領後、「寄附金受領書」を送付しますのでご確認ください。確定申告をされる場合には、受領書が証明書類となりますので大切に保管してください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

防災危機管理課(消防防災庁舎3階)

電話:0545-55-2936
ファクス:0545-51-2040
メールアドレス:bousai@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る