ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

洪水ハザードマップ

洪水ハザードマップ作成の目的

 国や静岡県では豪雨時における河川からの避難警戒体制の整備として、浸水想定区域図を作成すると共に情報周知河川の指定を推進しており、洪水時における河川情報(雨量や水位)等をメディアやウェブサイトに情報配信をおこなっています。
 これに伴い、市では国や県の浸水想定区域図を基に、洪水時の浸水情報や避難方法等に係る情報を住民に分かり易く提供し、平常時からの防災意識の向上と自発的な避難の心構えを養い災害時に迅速な避難をしていただくため、洪水ハザードマップを作成します。

洪水ハザードマップの概要

 洪水災害に対しては、事前の備えと雨の降り方等に応じた早めの行動を心がけることで、被害を軽減することができます。 また、普段から浸水の起こりそうな場所とその深さ(自宅が浸水しそうかどうか)、いざという時の避難場所、情報収集の方法や取るべき行動などを家族全員で確認しておくことが重要です。
 洪水ハザードマップに表現されている浸水想定区域は、浸水の範囲や深さを、色分けして表示していますが、想定を超える大雨が降った場合や堤防の決壊の状況によって浸水範囲が異なる場合があり、色が塗られていないところでも、浸水に対する注意が必要です。

富士市作成洪水ハザードマップ (下記添付ファイルからダウンロードできます)

           ハザードマップ名称              対象河川
富士市洪水ハザードマップ (平成26年3月作成) 沼川、小潤井川、和田川、滝川、赤淵川、江尾江川
潤井川洪水ハザードマップ (平成19年2月作成) 潤井川
富士川洪水ハザードマップ (平成15年3月作成) 富士川

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

河川課(消防防災庁舎5階)

電話:0545-55-2833 
ファクス:0545-51-0360
メールアドレス:kasen@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る