ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市・沼津市・下田市の3市による「ロシアとの自治体間交流の促進事業」ディアナ号と3市の歴史を知ろう!

2018年11月19日掲載


(画像)チラシ(富士市・沼津市・下田市の3市による「ロシアとの自治体間交流の促進事業」ディアナ号と3市の歴史を知ろう!)

富士市・沼津市・下田市の3市による「ロシアとの自治体間交流の促進事業」ディアナ号と3市の歴史を知ろう!

幕末、ロシア皇帝の命を受けたプチャーチン提督は、日本と正式な国交を結ぶため、ディアナ号に乗って下田に来航しました。富士市・沼津市・下田市は、ディアナ号にまつわる日ロ交流の史実が残る地域です。国においては、日ロ首脳間で2018年に「ロシアにおける日本年」・「日本におけるロシア年」を相互に開催することで合意されています。日ロ友好の機運が高まる今年、地域に残るディアナ号の歴史とロシア文化に触れてみませんか?

特別展 ディアナ号と富士、沼津、下田

日時:12月5日(水曜日)~19日(水曜日) 各日とも10時~17時
会場:富士川楽座4階 フジヤマギャラリー
内容:ディアナ号とプチャーチン提督に関するパネル等
入場料:無料
申込み:不要

ロシア文化体験 ロシア凧作りとマトリョーシカ絵付け

日時:12月8日(土曜日) (1)10時~12時 (2)13時~14時30分 (3)14時30分~16時
会場:富士川楽座2階 セミナールーム
内容:(1)ロシア凧作り (2)(3)マトリョーシカ絵付け
定員:(1)20人(先着順) (2)(3)各15人(先着順)
参加費:無料
申込み:11月19日(月曜日)から受け付けます(土曜日・日曜日、祝休日は除く)。直接または電話・ファクス・Eメールに氏名、電話番号、参加人数を記入し、国際交流室へ。

講演会 ディアナ号と富士市の歴史

日時:12月16日(日曜日) 13時30分~15時30分
場所:富士市交流プラザ 会議室1
内容:
第一部 「ディアナ号乗組員救助図から読み取れること」
富士市日ロ友好協会 加藤昭夫氏
第二部 「文学に描かれたディアナ号とヘダ号」
日本大学国際関係学部教授 安元隆子氏
定員:80人(先着順)
参加費:無料
申込み:11月19日(月曜日)から受け付けます(土曜日・日曜日、祝休日は除く)。直接または電話・ファクス・Eメールに氏名、電話番号、参加人数を記入し、国際交流室へ。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

多文化・男女共同参画課国際交流室(市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2704
ファクス:0545-55-2864
メールアドレス:si-kokusai@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る