ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

富士芸術村

2017年08月17日掲載

富士芸術村は、古民家を活用した現代アート振興と若手芸術家育成のためのアートスペースで、富士市が管理・運営を行っています。

富士芸術村 開催案内

古民家でゆっくりとくつろぎながら、現代アートの魅力にふれる時間をお過ごしください。

屋内展示

今後の展示についてお知らせします。

「芸術村プロジェクト展 ~痕跡~」【市民事業】

展示期間 平成29年8月4日(金曜日)から10月8日(日曜日)

「第9回紙のアートフェスティバル」【市主催事業】

展示期間 平成29年10月20日(金曜日)から12月10日(日曜日)
※全国公募による「紙のアート作品」を展示します。

富士芸術村とは

昭和30年建築の木造2階建の日本家屋で、敷地面積は2,369平方メートル、床面積は331平方メートルで大変広く、自然豊かな場所にあります。
紙のアートフェスティバルや子どもを対象とした芸術講座などの市主催事業のほか、現代アートの振興と若手芸術家の育成を目的とした事業などに活用されています。
豊かな自然の中にたたずむ閑静な空間で、身近に芸術にふれ、季節や光の移ろいを感じながら、芸術作品のさまざまな表情を堪能していただくことができます。

【開館日・開館時間】
毎週金曜日・土曜日・日曜日のみ(年末年始は除く)
午前10時から午後4時まで

【連絡先】
0545-35-0509  ※電話・ファクス共通。上記、開館時間のみ。

それ以外の時間は、富士市文化振興課にご連絡ください。
0545-55-2874  ※市役所開庁時間 平日午前8時30分~17時15分

【住所】
静岡県富士市大淵1516番地

【アクセス・交通】
(車)
富士インター・新富士インターより15分
JR富士駅・新富士駅より25分
(公共交通)
JR富士駅または吉原中央駅から曽比奈行きバスに乗車し、「曽比奈下」バス停下車。
バス停より徒歩10分

(写真)富士芸術村の全景。2階建ての母屋の前に、広々とした庭が広がっています。 富士芸術村の全景

! イベントのようす(平成28年度こども芸術講座)

! 展示会のようす(平成28年度紙のアートフェスティバル出展作品)

パンフレット(Brochure)

市では富士芸術村のパンフレットを作成いたしました。英語も併記されていますので、幅広い方々にご覧いただけます。
Each link will open in Japanese and English.

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

富士芸術村の使用について

現代アートの振興及び若手芸術家の育成を目的とした事業で、富士市の主催する事業に支障のない日時のみ、富士芸術村を使用することができます。
使用を希望する場合は、富士市文化振興課にご相談の上、富士芸術村施設使用許可申請書を提出してください。
使用許可の申請は、使用を希望する日の6ヶ月前から受け付けます。

芸術村で開催されるイベントの紹介

  • こども芸術講座
  • 紙のアートフェスティバル
  • 富士芸術祭(紙のアートフェスティバル期間中に開催)

※日程等の詳細については、随時、ウェブサイト等でご案内いたします。

関連リンク

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

文化振興課(市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2874
メールアドレス:si-bunka@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る