ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

ロシア軍艦ディアナ号とその錨

 ロシア軍艦ディアナ号と富士市の関わりを紹介したページです。

ロシア軍艦ディアナ号

 ロシア軍艦ディアナ号は、海軍中将プチャーチン提督が乗り込み、日本に開国と通商を求めて来航し、嘉永7年(1854)10月に、伊豆・下田港に入港しました。しかしこの時、安政大地震に遭遇してディアナ号は大破。修理のために戸田港に向かいましたが、途中強い西風により漂流し、富士市の三四軒屋沖に沈没したと伝えられています。

ディアナ号の錨

(写真)三四軒屋緑道公園内のディアナ号の錨

 海底に沈んだ錨は、たびたび魚網を食い破ることがあり、地元の漁民や住民に「唐人のねっこ」と語り継がれてきました。
 昭和51年8月、この錨は五貫島の三四軒屋沖合水深24mから引き上げられました。平成元年12月21日には、富士市指定有形文化財に指定されています。
 この錨に先立って昭和29年に引き上げられた錨は、現在沼津市立戸田造船郷土資料博物館に置かれています。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

文化振興課文化財担当(市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2875
ファクス:0545-53-0789
メールアドレス:si-bunka@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る