ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

古谿荘(こけいそう)庭園特別公開の見学者を募集します

2018年10月05日掲載

 平成30年12月8日(土曜日)、9日(日曜日)に、岩淵にある重要文化財古谿荘の庭園を、所有者の一般財団法人野間文化財団のご厚意により、特別に公開いたします。今年は、庭園の流水を再現します。
 見学者募集の締め切りは、11月15日(木曜日)午後5時00分です。

古谿荘とは

(写真)古谿荘の航空写真

 古谿荘は、明治時代末期、時の宮内大臣 田中光顕(たなかみつあき)によって建てられた別荘です。建物が、下屋敷(したやしき)、塘内(とうない)、古谿(こけい)という三つの小字にまたがっていたため、その内の一つの字名をとり、「古谿荘」としたそうです。広大な敷地内には、回廊で結ばれた9棟の建物と庭園で構成されています。(右写真参照)
 庭園は、回遊式の日本庭園と温室・果樹園がある西洋式庭園からなっており、富士山や富士川、駿河湾、伊豆半島などの美しい眺望を楽しめます。

古谿荘庭園特別公開 概要

【開催日】

 平成30年12月8日(土曜日)、9日(日曜日)
 ※荒天等により市内に警報が発令された場合は、中止といたします。

【時間】

 午前の部  午前9時30分から正午まで
 午後の部  午後1時00分から午後3時00分まで
 ※受付時間は文化振興課で指定させていただきます。

【場所】

 古谿荘(富士市岩淵233番地)JR富士川駅から徒歩15分

【受付場所】

富士川ふれあいホール(富士市岩渕855番地の39)古谿荘東側

【定員】

 A 12月8日(土曜日) 午前の部  200人
 B 12月8日(土曜日) 午後の部  100人
 C 12月9日(日曜日) 午前の部  200人
 D 12月9日(日曜日) 午後の部  100人

【参加費】

1人につき500円
※中学生以下は無料です。

【見学方法】

 ガイドの引率により、庭園と建物の外観を案内いたします。
 ※建物内に入ることはできません。

申し込みについて

【申し込み方法】

(1)電子申請
 富士市ウェブサイトの電子申請に必要事項を入力し、送信してください。

(2)はがき
 代表者の氏名(ふりがな)、住所、年齢(平成30年4月1日現在)、電話番号、希望回(AからD)と、同伴者がいる場合(5人まで可)は、その方の氏名、年齢(平成30年4月1日現在)を明記し、下記の申込先にご送付ください。

(3)直接申込
 午前8時30分から午後5時00分まで(土曜・日曜日、祝休日は除く)に市役所8階北側文化振興課窓口に直接お越しのうえ、申込用紙に必要事項をご記入ください。

【申込結果のお知らせ】

 参加の可否を、はがきにてご連絡いたします。
  ・当選された方は、はがきを大事に保管し、参加当日にお持ちください。
  ・11月28日(水曜日)を過ぎてもはがきが届かない場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。

【申込先】

 〒417-8601 富士市役所文化振興課

【締め切り】

 平成30年11月15日(木曜日) 午後5時00分(必着)

【注意事項】
  • 電話、ファクス、Eメールでの申し込みは受け付けておりません。
  • 庭園内は起伏があり、階段や足場の悪い場所もございます。歩きやすい服装・靴でお越しください。
  • 古谿荘の建物内に入ることはできません。また、建物内部を撮影することはできません。(外観・庭園は撮影可能です)
  • 食事・喫煙・ペットの同伴はできません。
  • 1人1回の申し込みでお願いします。(重複しての申し込みはできません)
  • 乳幼児も1人としてお申し込みください。
  • 別々に申し込んだ場合、同じグループに振り分けられない場合があります。

過去の特別公開時の様子

(写真) 古谿荘正門から陸橋をくぐる

(写真) 庭園内の様子

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

文化振興課文化財担当(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2875
ファクス:0545-53-0789
メールアドレス:si-bunka@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る