ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

平成29年度 第37回富士市民大学後期講演会 受講生の感想

2017年09月11日掲載

受講生から寄せられた感想を掲載しています。随時更新いたします。

第1回 9月7日(木曜日) 全日本柔道男子監督 東海大学准教授 井上 康生(いのうえ こうせい)さん

(写真)井上 康生さん

・世界のトップレベルでの指導者として、幅広く深い知識と理論をもったすばらしい内容だったと思います。ユーモアもまじえたわかりやすく聞きやすい話術であっという間に時間が過ぎました。(50代男性)

・指導者として必要なこと、心構え、考え方の柱の一つ一つが心に残りました。学校で勤務していて、子どもたちに「夢をもつように」「当たり前のことを当たり前に」などとよく言っています。改めて根気強く伝え続けていきたいと思います。また、言うからにはまず自分が実行していきたいと思います。(20代女性)

・柔道を通じ、人間形成に尽力されていること。一方で勝負の世界をグローバルな視点で情報・変化に柔軟なお考えを持っておられることに感銘を受けました。東京オリンピックが非常に楽しみになりました。(60代男性)

・今回貴重なお話ありがとうございました。いろいろな改革をされて、2012年からの辛さを経験されて、2016年の成功、復活があったのだなと思いました。私たちの生活の中でも、現状維持で守りの姿勢では、向上しないし、大きく成長できないのだと改めて考えさせられました。”継続は力なり”。この言葉、とても大好きです!!2020年東京オリンピックがとても楽しみになりました。頑張って生活をして、3年後柔道を見に行きたいです。近くで世界の井上康生さんを拝見でき、会えたこと、一生の宝物です。(40代女性)

・柔道に関係しているものですが、内容に大変満足しています。もっとコアな部分の話も聞きたかったです。機会があればよろしくお願いします。(40代男性)

・何回も「~と強く思う。」という言葉がありました。普段そういう生き方をする人にあまり会わないので、とても印象深く感じました。60代です。ラジオ体操を地道に続けようと強く思いました。(60代女性)

第2回 9月14日(木曜日) 経済ジャーナリスト 須田 慎一郎(すだ しんいちろう)さん

(写真)須田 慎一郎さん

・自分のつたない知識でも、理解しやすい内容でした。政府の政策と景気について、成る程と思えました。ユーモアのある話術で楽しく聞く事ができました。(50代男性)

・とても参考になりました。アベノミクスの事や日本経済の今後について、とてもわかりやすく、そして面白く説明してくださって、あっという間の時間でした。今後は時代の変化に気づいていける様、そして自分なりに対応していきたいと思います。(40代女性)

・日本経済がどうなるか、というより自分達のくらしがどの様に変化していくのかということを教えていただいた。経済構造や社会構造が変化していることを実感しながら、今後の生活習慣を考えていかなければならないと感じた。(60代男性)

・テレビで観るイメージと違ってユニークで引き込まれるお話でした。経済の話をわかりやすく楽しくお話していただき、むずかしい事柄も理解しやすくなりました。これからテレビの須田さんにも益々興味深くなりました。貴重なお話ありがとうございました。(60代女性)

・経済構造の変化に対応するには、変化をキャッチアップすることが大事。それには、「発想の転換」「変化に対する対応力を身につける」ことが大切。ユーモアを交えての講演大変良かったです。(60代男性)

・日常ではK-mixクロノスで時折須田様のコメントを聞いておりました。限られた時限の中で的確なコメント、歯切れの良い話し方が通勤の運転中にポンと頭に入ってきました。今回の講演も分かりやすく、丁寧な説明と具体例で今後の日本経済を読んでくださいました。特に女性の営業職増加についての議題が興味深かったです。自分も転職をきっかけに事務職から営業職に身を置く立場となりました。男性社会だった職場で同じ手法で仕事をするつもりはなく、女性でも続けられる仕組みを構築中です。反骨精神ではありませんが、世の中のニーズに応える柔らかいアイデアで今後も頑張っていこう!と励まされました。ありがとうございました。(50代女性)

第3回 9月21日(木曜日) 語り部・かたりすと 元NHKキャスター 平野 啓子(ひらの けいこ)さん

(写真)平野 啓子さん

・昔から知っていたはずの竹取物語、語られると文字で読んだのとまるで別物です。命を込めて語って下さったかたりすと平野さん、かぐや姫、天女のようでした。ありがとうございました。(60代女性)

・「語り」の魅力を感じることができました。海外にも通用する表現力ってすばらしいですね。平野さんをイメージしながら、「竹取物語」や「くもの糸」を読んでみたい気持ちになりました。声も笑顔もすてきです!(60代男性)

・文学や言葉に言語は関係ないのだなと思いました。伝えたいという気持ちと聞きたい、知りたいという気持ちが大切だと思いました。くもの糸やかぐや姫は知っている話でしたが、平野さんのステキな語りで、とても引きつけられ、夢中になって話の中に引き込まれていきました。ありがとうございました。(20代女性)

・とても良かったです。わかりやすいし、本人の日本語の大切さや感性を大事にしたいという想いが、ひしひしと伝わりました。(60代男性)

・きれいな声で細かくわかりやすくお話をしていただき、楽しく気持ちの良い時間でした。言葉の表現力、勉強したいと思いました。(70代女性)

・クモの糸、竹取物語と富士山の関係等、取り組む意気込みやトルコ・ドイツの人々への日本文学の紹介の仕方に感心しました。(80歳以上 男性)

・日本語の美しさを世界にも伝えて頂いてうれしい限りです。口元がとてもきれいです。お姿も日本の良さそのものですね。(60代女性)

第4回 9月28日(木曜日) 雅楽師 東儀 秀樹(とうぎ ひでき)さん

(写真)東儀 秀樹さん

・宮内庁で国家公務員として音楽をされていた方の話を聴く機会はめったにないと、会社を早退して越させて頂きました。富士市にいるだけでは聞けない話を聞く事ができた心境です。東儀さんを呼んで頂いてありがとうございました!!!雅楽だけでなく、音楽全般に対する興味もわきました。何か始めてみたくなりました!(40代女性)

・天・空・地を表現する雅楽に聞きほれました。子どもの頃に歌った叙情歌を、これからの学童にも教えて欲しいです。講師に同感です。(70代男性)

・「文化力」という言葉が心に響きました。まさに自分が経験したことでした。海外で日本のことを良く知らない自分の姿です。一度、君が代を友人たちの前で歌い、とても感動してくれました。きっと、その体験そのものがテーマだったのでしょう。決して上手ではない歌でしたが、日本を表すのに大変シンプル且つイメージそのものということを、これを機に思い知らされました。美しい演奏をありがとうございます。音楽配信を利用します!!浜辺のうたなのに、ニューヨークの摩天楼にいる景色が見えました!!(50代女性)

・雅楽の美しさ、歴史、その可能性を知ることができ、その音色にとても感動しました。もっと雅楽を知りたいと本気で感じました。(20代男性)

・とても良かったです。ジュピターは天国に来たようで、思わず目をつぶって聞きました。孫達、娘たちに教育にもきっかけをつくることの大切さを教えたいです。鳥肌が立ちました。生の雅楽、本当に本当に良かったです。ありがとうございました。お話も大変良かったです。(70代女性)

・初めて生で聴く雅楽器の美しい音色に圧倒されました。講演の内容も、古典文化の正当な伝承者としての深い知見に充ちた内容で大変面白かったです。(50代男性)

第5回 10月12日(木曜日) LGBTアクティビスト 東 小雪(ひがし こゆき)さん

(写真)東 小雪さん

・LGBTの人が思っていたよりも多くてビックリしました。私の周りにはカミングアウトした人がいなかったので身近に感じませんが、知らないだけで知人にもいるのかもしれないと思いました。(30代女性)

・いわゆる”常識”という範疇で片付けられない非常に難しいかつナーバスなテーマに実体験を踏まえ明るく説明していただき、LGBTへの理解が深まりました。データからは身近な問題であるとのことで、ある意味ショッキングであると同時に、ダイバシティ(=多様性)への更なる啓蒙活動と社会的制度改革の必要性を感じました。私自身も”Ally”視点を意識していきたいと思います。東さん、これからも御苦労多いかと思いますが、活動継続お願いします。(60代男性)

・LGBTは言葉として知っている程度でしたが、丁寧に自分の体験・経験をまじえながら説明くださったので、わかり易く理解できました。単なる性の問題にとどまらない生き方・人生の非常に重要な問題なのだと認識することができました。今日から出来る事を私なりに気をつけていきたいと思います。アライになっていくことの意義を大変感じました。(50代女性)

・認識不足だったので今から心を広くもっていきたい。話をしっかり聴くことを心がけたい。私にとって新しい世界を知った思いです。(70代女性)

・今日初めて聞いた言葉です。大変興味深く有意義なお話でした。今後このような人たちに会う機会がありましたら、今日のお話を参考に誠心誠意対応していきます。(80歳以上・男性)

・知っているようで知らなかったLGBTを詳しくお話いただけました。13人にひとり・・・とは、思った以上に多い人数で、びっくりです。この比率は、昔も同様だったのでしょうか。今以上に聞かない話で、秘めて生きた人、苦しみ生きた人がどれだけいたことだろうかと考えさせられました。(60代女性)

第6回 10月18日(水曜日) 作り笑顔アドバイザー 望月 美由紀(もちづき みゆき)さん

(写真)望月 美由紀さん

・いろいろな経験をされて、今があるのだと思いました。でも、笑いで救われたんだと思いました。ヒント1~5を教えていいただいて、とてもよかったです。この講演会に参加でき、感謝します。私自身、今、父が闘病しています。これから残り少ない日々の中で、大きな笑顔をがんばってします。ありがとうございました。(40代女性)

・今日できることは今日やる。仲たがいしても、明日に持ち越さない。そんな考え方は、むずかしいかもしれませんが、頑張りたいと思いました。(60代男性)

・なんだか100%で頑張りすぎて、しょっちゅう潰れたりしていましたが、70%以下でも、ぼちぼちに頑張って、ほどよくリセットしつつ、笑顔で頑張ろうと思います。ありがとうございました。(20代女性)

・「笑いが免疫力をアップさせる」ということは知識として持っていましたが、日常の中で意識したり、実践することはほとんどありませんでした。うつ病を克服した実経験を踏まえ、短い夫婦生活における相手を思いやる重要性、その手段としての”笑顔”に無限の力を感じました。感動ありがとうございました。(60代男性)

・笑うということは人間に与えられた特技。心から笑えたらいいですネ。とてもいいお話でした。ありがとうございました。(70代女性)

・ご自分の辛いことを笑顔にして、他人に笑顔になってもらうように活動されていることに感動です。夫が亡くなったばかりで私の気持ち、表情が暗く、沈んでいました。しかし、作り笑顔が良いことを教えて下さり、今日参加して、とてもよかったです。どの言葉も忘れていたことばかりで、改めて大切でよいことだと思いました。(60代女性)

お問い合わせ

社会教育課(八代町1-1 富士市教育プラザ内)

電話:0545-55-0560
ファクス:0545-55-0561
メールアドレス:ky-syakaikyouiku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る