ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

平成28年度 第36回富士市民大学後期講演会 受講生の感想

2016年10月26日掲載

受講生から寄せられた感想を掲載しています。

第1回 9月7日(水曜日) ヤマハ発動機ジュビロ監督 清宮 克幸(きよみや かつゆき)さん

(写真)清宮克幸さん

・「ピンチがあるからチャンスがある」「行動を変えてくれる言葉がある」「個性を生かした戦略」職場の後輩の育成にも、子育てにも、生かせるヒントがいっぱいのお話をありがとうございました。(50代女性)

・非常に厳しい条件から、よく前向きに考えられるなと思いました。その常に前向きな心がどこから来るのかと伺いたかったです。(50代男性)

・静かな口調の中に、ラグビーに対する、ヤマハのチームに対する熱情をひしひしと感じました。緻密・冷静な判断力。人を見る目、育てる力。すごいですね。とてもよいお話でした。私にも果たすべきべき責務がある。頑張ろう。(70代女性)

・プロの指導者として、チームをまとめるノウハウを教えてもらった。誰もができることではないが、全体を見て何が課題かを見抜く力が今の指導者として確固たる地位を築いているものと感じた。(60代男性)

・ラグビーのことは全く知らなかったので、少し勉強してくればよかったです。(50代女性)

・行動を変える言葉、フレーズを持つ、又、それを作れる独自性が非常にうらやましくあり、興味深い点でした。(40代男性)

第2回 9月14日(水曜日) 奇跡体験アンビリバボー再現ドラマ化 講師 濱宮 郷詞(はまみや さとし)さん

写真(濱宮郷詞さん)

・「人と人助け合う心、人間として最も大切なこと」と題されたこの講演会。「声掛けして出来ることをお手伝いするだけで良いんだ」「物の見方を替えると全てのものは変わる」「人間、体が不自由な事より心が貧しい方が問題(濱宮さんのお父さんのお言葉)」と、素晴らしいお言葉が数多くありました。お話も上手い。あっという間の90分で、機会があったら又講演を聞きたいです。心に沁みるお話、有難うございました!(70代女性)

・困難ののりこえ方に感動した。こんなことまで可能なのかと。一歩一歩、あせらずに。前向きに、背中でみせたい。(60代男性)

・私も障害者の父の姿を見て育ちました。濱宮さんの様に強くて前向きな父ではないのですが、私にとっては人生のセンパイとしていろいろな知識のある父です。今日久しぶりに父とゆっくり話がしたいと思いました。有難うございました。(40代女性)

・パラリンピック開催中で、本日の講演を含め障害を持った人たちがすごく頑張っているので、私のような健常者が恥ずかしくなる思いです。まだまだ甘いと思い知らされました。身障者に対して、同情ではなく理解者になっていきたいと痛感しました。(50代男性)

・不可能を可能に変える前向きでおおらかな人柄は、今までどんなに苦境を乗り越えてきたことか!物の見方を変えることがこんなに簡単で素晴らしい道が開けることを教えてくれました。(50代女性)

・障害者に対する見方が変わった。目覚めた。生きる希望が増した。ありがとうございました。(60代男性)

第3回 9月21日(水曜日) 作・編曲家 ピアニスト プロデューサー 羽毛田 丈史(はけた たけふみ)さん

写真(羽毛田丈史さん)

・今までにない、音楽をテーマにして映像を合わせた講演で、とても引き込まれ、面白かったです。映画やドラマで良い曲が使用されていると、とても印象深いですし、ぐっと画面に引き込まれるのを感じていましたが、音楽の有無や曲の雰囲気でこんなにも見え方が違うのだととても勉強になりました。話すだけの講演もいいですが、今回のようなスタイルもすごく良かったです。また取り込んでもらいたいです!(30代女性)

・同じ映像が、使われる音楽次第で受け取り方がこんなに変わることに驚きました。楽しくも悲しくも感じさせる、音楽の力にびっくりしました。最後には楽しい演奏までしていただいて、喜びも更に大きくなりました。ありがとうございました。(60代男性)

・音楽が好きなので、本日のお話は楽しみにしていました。このような立場での音楽への関わり方は初めてだったので、興味深かったです。人間の五感をフル回転し、想像の世界を広げて作っていく音の素晴らしさの中で、普段映像を見ているんだなと改めて感じました。ありがとうございました。最後に素晴らしい演奏のプレゼントありがとうございました。(30代女性)

・最近3Dにより、見る側の想像力が一段と高くなったと思うが、音楽と映像はまさしくこちらの見方により大きく変わることが実感できた。映像音楽は歌詞がないだけに表現が非常に難しいものだと思った。(60代男性)

・音楽が映像にどのように影響があるのか、ということを今まであまり意識したことがなかったので、今日様々な実験をして頂いて、とても興味を持つことができました。音楽の力ってすごいですね!!また、このようなお仕事をされている羽毛田さん、お仕事は御苦労があるかと思いますが、大変やりがいのあるお仕事だと感じました。最後の地球に乾杯の演奏、すばらしかったです!!(50代女性)

・音楽に力のある事は判っていましたが、映像音楽がこうして作られるのかと初めて知りました。これからは、見る目も聞く心も変わってくると思います。参加させて頂いて、本当に良かったと思います。ありがとうございました。(80歳以上男性)

第4回 9月29日(木曜日) 熊本県立劇場館長・政治学者 姜 尚中(かん さんじゅん)さん

写真(姜尚中さん)

・姜尚中氏の本を読んでみようと思います。「悩むことは否定的でない」という言葉が新鮮でした。悩んだ力を、時に力に変えていこうと思います。(60代女性)

・テレビで見るコメンテーターの姜さんとは、少し印象が違っていました。力強い言葉、話し方で説得力があり、素晴らしい講演でした。また聞きたいです。(70代男性)

・世界から見た日本を知ることができ、国内のものの見方の違いや、コミュニティーの重要性など、これからの生活に必要なことや意識づけの方向を学ぶことができました。共感できることも多く、中でも夏目漱石を通して見る現代という視点が、勉強になりました。楽しかったです。(40代女性)

・姜さんご自身が実感したことのお話でした。今の私自身とマッチした話で、ありがたかったです。(60代男性)

・新聞、著書などで知ってはいたつもりですが、やはり「リアル」は違いました。とってもすばらしいお話でした。市民大学でなければきっと聞くことは出来なかったと思います。今回この先生のお話を一番聞きたかったので本当に良かったです。(60代女性)

・誠実な人ほど迷い、断定的なことを言わない、と先生が仰ったことに感動しました。(50代男性)

第5回 10月12日(水曜日) 異文化コミュニケーター 元国連ハビタット親善大使 マリ・クリスティーヌさん

写真(マリ・クリスティーヌさん)

・タイの山岳民族の実情を知ることが出来た。私たちは何かしてあげることができるのだろうか?とあまりに大きな問題を知り、途方にくれました。どこの国にも貧民街があり、悲惨な暮らしをしている人が多いことも知りましたが、現実の日本の中にも、貧しい子どもや老人も多いので、私たちは一体どうしたら良いのか…。全ての人に幸せになって欲しいですが、とても難しい問題だと考えられさせました。(50代女性)

・ハビタット協会、AWCなど初めてお聞きしました。フェアトレード品は少し買ったことがあります。聴いたり見たりすることがあまりないのですが、今日は良い話を聞けました。(60代男性)

・おなかいっぱいプロジェクト、書き損じ葉書2枚で給食3食分にもなるなんて知りませんでした。家には年賀状10年分の書き損じ葉書があります。出来ることからお互い様のボランティアを始めたいと思います。(40代女性)

・タイの山岳民族事情や、イスラム教との関わりが興味深かった。アフリカの子どもが悲惨な状況であることは知っていたが、アジアでも救うべき子どもたちが多くいることを知る事が出来た。(50代男性)

・世界の様子を実際に関わっているクリスティーヌさんのお話を聞く事ができ、とても良かったです。ニュースでいろいろな事件を聞くたびに心が痛くなります。知ることが大事だと思いました。これからも頑張ってください。何か応援させていただきたいと思います。(50代女性)

・日本には昔から「お互い様」とか「お陰様で」という考えがあり、他人に対する思いやりがある。日本では当たり前のことだと思っていたが、地域や文化の違い、経済状況により悲しい出来事が起こっている現実を知ることが出来た。NGO活動の真剣さに対し敬意を表したい。(60代男性)

第6回 10月19日(水曜日) 落語家 桂 あやめ(かつら あやめ)さん

写真(桂あやめさん)

・落語について、女性の落語家についてよく分かる講演でした。まさに「自分らしく輝く」方法を見つけた桂あやめさん、素晴らしい女性です。講演だけでなく落語もやっていただき、楽しい講演でした。(70代女性)

・話し上手で「なるほど、なるほど」「そうだ、そうだ」と思うことばかりでした。楽しい時間をありがとうございました。(60代男性)

・落語は大好きでちょくちょく聞きに行きますが、女性の落語家さんは初めて聞きました。ご苦労された成果が出て、新作落語はとても面白かったです。生活の中で嫌なことがあっても、笑いに変えられるようになりたいと思いました。楽しかったです。(40代女性)

・落語家はやはりそこの会場の雰囲気を掴んでお話をするのが上手いですね。流石です。言葉がすっきりしていて、話が聞きやすかったです。やはり話術のプロですね。(70代男性)

・最近では女性の活躍できる場も増えてきている中で、敢えて男社会の落語界に入り、女性ならではの視点でチャレンジしている姿がかっこいいです!今日は勇気と元気を頂きました。ありがとうございました。(50代女性)

・何でもそうでしょうが、表舞台へ出るまでには大変な裏があるのですね。一般には表舞台だけしか見えませんが、そこへ出るまでの苦労を、今回のお話を通じて教えて頂きました。大変ありがとうございました。(80歳以上男性)

お問い合わせ

社会教育課(八代町1-1 富士市教育プラザ内)

電話:0545-55-0560
ファクス:0545-55-0561
メールアドレス:ky-syakaikyouiku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る