ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

古紙類の出し方

2018年01月04日掲載

出し方

新聞紙、雑誌、ダンボール、紙パックは、種類別に分けて紙ひもでしばって出してください。

その他の紙は、富士市指定資源物袋に入れて出してください。または、紙袋に入れるか、包装紙で包み、紙ひもでしばって出してください。

古紙類の種類

新聞紙

紙ひもでしばって出してください。
折り込みチラシを含みます。

新聞紙、印刷用紙などにリサイクルされます。

雑誌

紙ひもでしばって出してください。
薄くても、中心を針金で留めて製本してあるものを含みます。
図書、ノート、単行本、百科事典を含みます。

紙箱、絵本、ダンボールなどにリサイクルされます。

ダンボール

紙ひもでしばって出してください。
ガムテープやホッチキスをはずして出してください。

ダンボール、紙筒などにリサイクルされます。

紙パック

紙ひもでしばって出してください。
洗って、開いて出してください。
内側がアルミ加工されているものは「その他の紙」に出してください。

ティッシュペーパーやトイレットペーパーにリサイクルされます。

その他の紙

富士市指定資源物袋に入れて出してください。または、紙袋に入れるか、包装紙で包み、紙ひもでしばって出してください。

※富士市指定資源物袋で出すことができるのは、集積所での回収のみです。
PTAなどの集団回収や古紙リサイクルボックスに出すときには、富士市指定資源物袋を使用できません。

ほとんどの紙製品が対象です。
対象外:紙おむつ、アイロンプリント紙、ティッシュ、油や塗料で汚れた紙、強い臭いのついた紙

トイレットペーパーにリサイクルされます。

集積所に出すことができる「その他の紙」の例(ほとんどの紙製品が対象です。)
  • 紙箱(ティッシュの紙箱、お菓子の紙箱など。 ビニールがついたままでも可。)
  • 紙カップ(ヨーグルトの紙カップ、紙コップ。 中身は軽くすすいでください。)
  • はがき、封筒(圧着式はがき、窓枠つき封筒も可。ビニールがついたままでも可。)
  • アルミ加工紙(内側が銀色の紙パック、カップめんのフタなど。)
  • シュレッダー紙(飛散しないように、紙袋か指定袋に入れてください。)
  • 感熱紙(レシートなど)
  • カーボン紙
  • 半紙(墨付き可。)
  • 写真
  • シール類
  • 折り紙
  • メモ帳
  • 付箋
  • トイレットペーパーの芯
「その他の紙」の注意点

集積所では、ほとんどの紙製品を出すことができますが、PTAなどの集団回収や古紙リサイクルボックスでは対象外となる「その他の紙」もあります。集積所の古紙回収以外で「その他の紙」を出す場合はご確認をお願いします。

古紙の排出先

市の回収(集積所)

集積所に出された古紙量に応じて、地区に報奨金が出ます。
月に2回、土曜日に回収を行います。日付はごみのカレンダーをご確認ください。
ほとんどの回製品を回収できますので、紙製品は燃えるごみに入れず、集積所での排出にご協力ください。

地域の集団回収

子ども会やPTAなど、地域の団体主催で実施されます。
回収した古紙の売り払い金で学校の備品を購入するなど、各団体の資金として活用します。
回収日や回収品目は、各団体にご確認ください。

事業所が設置しているリサイクルボックス

回収品目をご確認のうえ、古紙を出すようお願いします。

古紙回収の注意点

  • 「その他の紙」を富士市指定資源物袋で排出ができるのは、集積所の回収だけです。
  • 集積所の回収ではほとんどの紙製品を排出できますが、地域の集団回収や古紙リサイクルボックスには出せない古紙がありますのでご注意ください。
  • 集積所の回収に出すときに、ダンボール箱の中に様々な種類の古紙を入れたり、シュレッダー紙を入れたりすることはしないでください。その他の紙やシュレッダー紙は、富士市指定資源物袋か紙袋にまとめて出してください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

廃棄物対策課(市庁舎10階南側)

電話:0545-55-2769 
ファクス:0545-51-0522
メールアドレス:ka-haikibutu@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る