ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市に住んでみませんか?

 富士山と駿河湾、山と海に囲まれ、一年中温暖な気候で、穏やかに過ごすことのできるまち富士市です。このページでは、「富士市に住んでみよう!!」のきっかけになるような情報をまとめてみました。
 富士市への移住に興味がある場合には、どんな些細な質問でも構いませんので、企画課までお問い合わせください。

富士市移住ガイドブック「移住のオススメ」

 富士市への移住を検討される方の参考にしていただくため、本市の魅力や移住に役立つ各種情報、移住者インタビューなどを掲載したガイドブックです。

住まい

 富士市に転入する夫婦のどちらかが40歳未満の若者世帯を対象に、住宅取得に係る費用に対して最大200万円の奨励金を交付しています。

 市内に居住している世帯で、住居を所有していない夫婦のどちらかが40歳未満の若者世帯を対象に、まちなかなどにて住宅を取得する場合、住宅取得に係る費用に対して最大70万円の奨励金を交付しています。

 「富士地域材」を使った木造住宅を取得する市民に、30万円を助成しています。

関連リンク

 公益社団法人静岡県宅地建物取引業協会が運営する不動産物件検索サイトにリンクしています。

就職・起業

 働きたい方向けの求人・就労支援情報などを掲載しています。

 富士市産業支援センター(f-Biz egg)では、起業のワンストップセンターとして、起業を目指す方や団体等を支援しています。
 起業に必要なステップごとに、ビジネスプランづくり、資金調達、販路開拓、プロモーションと、それぞれ専門家がマンツーマンで支援し、ワンストップでの起業の実現を目指します。

 求職者が求めている相談内容は、就労問題に限らず、生活資金や教育資金など多岐にわたっています。そこで、職業紹介、就業相談、就労するまでの生活相談などをワンストップ(同じフロア)で対応できる「富士市就労総合支援センター」を常設し、求職者の支援を行っています。

 富士市就労総合支援センター内の「若者のためのキャリアデザイン支援室 f(エフ)きゃる」では、専門のキャリアコンサルタントが、就職全般の相談、適職診断や履歴書の書き方、面接の練習など、就職関連の相談に1対1で丁寧に応じています。

子育て

 男性・女性問わず、不妊・不育治療及び人工授精治療に要する費用の一部を助成しています。

 中学3年生終了前のお子さまが病気や怪我で医療機関に受診した場合、医療費の一部を助成しています。

 乳幼児を連れた保護者が、授乳とおむつ替えのために気軽に立ち寄ることができるスペースを100か所以上「ふじ子育てほっとステーション」に指定し、子育て家庭が安心して外出することができる環境を整備しています。

 就学前のお子さまを育児しているご家庭の子育てを応援するため、公立保育園・幼稚園の職員や保育士資格を持つ子育て相談員が子育てに不安や悩みを抱えているご家庭を訪問し、育児相談や親子で楽しめる遊びなどの情報提供を行っています。

 子どもの遊び場としてのプレイルームの提供、育児相談・支援などを行う地域子育て支援センターが市内13か所あります。

 子どもたちに健全な遊びを提供し、仲間づくりや遊びの指導・援助、さまざまな教室・行事等を行う児童館が市内3か所、放課後帰宅しても保護者のいない児童を対象に育成指導を行う放課後児童クラブがすべての小学校区にあります。

資金サポート

 静岡県労働金庫から教育資金の貸付を受けた勤労者(事業主に雇用されている方)に、支払利子の一部を補給しています。

 静岡県労働金庫から住宅資金の貸付を受けた勤労者(事業主に雇用されている方)に、支払利子の一部を補給しています。

 静岡県労働金庫からくらしの資金の貸付を受けた勤労者(事業主に雇用されている方)に、支払利子の一部を補給しています。

 教育資金に困っている方のために、奨学金や学費の補助を行っています。

その他

 防災マップや施設情報マップ等をご覧いただけます。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

企画課(市庁舎8階北側)

電話:0545-55-2718
ファクス:0545-53-6669
メールアドレス:so-kikaku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る