ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

印鑑登録

印鑑登録の申請方法について

印鑑登録について

 印鑑登録とは、お手持ちの印鑑をあなた個人のものとして公証するために登録することをいいます。登録された印鑑を「実印」といいます。不動産売買等に必要で、個人の財産や権利を守る大切なものです。
 印鑑登録をすると、印鑑登録証(印鑑登録カード)が交付されます。これは印鑑登録証明書の交付申請をする際に必要なものです。

(写真)印鑑登録証のイメージ

現在、富士市で発行している印鑑登録証です。

(写真)旧富士川町の印鑑登録証のイメージ

左の画像は、旧富士川町で発行していた印鑑登録証です。富士市との合併後も引き続き使用することができます。

登録申請の方法

 登録申請の方法について御案内します。
印鑑登録証や実印をなくして再登録する場合(亡失)、実印を変更する場合(改印)は新規登録と同じ手続きとなります。下記の添付ファイル「印鑑登録のフローチャート」も参照してください。
 交付手数料は350円かかります。

申請の場所と日時

申請場所 申請日時
富士市役所 市民課 月曜日~金曜日・・・午前8時30分~午後5時15分(祝休日及び12月29日~1月3日を除く。)
毎月第1日曜日・・・午前9時~午後4時(1月を除く)

・地区まちづくりセンターでは印鑑登録・廃止申請できません。

印鑑登録できる人

 満15歳以上の富士市民で、住民基本台帳に記載のある人です。ただし、成年被後見人は、印鑑登録をすることができません。

本人が来庁して登録申請する場合

1.顔写真付の本人確認書類がある場合(即日登録可能)

本人が免許証などの本人確認書類と登録印をお持ちいただければ、即日登録可能です。
持ちものは次の2点です

  • 登録する印鑑
  • 本人確認書類(下の表A群のどれか1点)
A群 ●運転免許証 ●パスポート ●身体障害者手帳 ●在留カード・特別永住者証明書 ●マイナンバーカード(個人番号カード) ●顔写真付住民基本台帳カード ●その他官公署発行の顔写真付身分証明書、許可書

本人確認書類をお持ちでない場合、保証人登録か郵便による本人確認のどちらかの方法で印鑑登録できます。

2.保証人登録を行う場合(即日登録可能)

保証人(富士市で印鑑登録をしている20歳以上の人)と一緒に来庁してください。持ちものは次の3点です。

  • 登録する印鑑
  • 保証人の登録印
  • 保証人の印鑑登録証

3.郵便による本人確認を行う場合(後日受取り)

即日交付はできませんので、お急ぎの場合はお早めに登録申請してください。持ちものは次の1点です。

  • 登録する印鑑

代理人が来庁して登録申請する場合(後日受取り)

登録する本人自筆の委任状をお持ちいただいた上での申請受付となります。
また、郵便にて本人確認を行いますので即日交付はできません。お急ぎの場合はお早めに登録申請してください。
持ちものは次の3点です。

  • 登録する印鑑
  • 委任状(添付のPDFファイルをご利用ください)
  • 代理人の印鑑(認印でも可)

登録できる印鑑

  • 他の世帯員が既に登録してある印鑑と印影が異なるもの
  • 住民基本台帳に登録されている氏名、氏若しくは名又は氏名の一部の組み合わせで彫られているもの。例: 山田太郎、山田、太郎、山太(渡邉⇔渡辺なども登録可能)
  • 外国人の場合は、住民基本台帳に登録されている氏名、氏、名もしくは通称の一部の組み合わせで彫られているもの 登録されている氏名の片仮名表記またはその一部の組み合わせで彫られているもの
  • 氏名以外のこと(資格、職業、花文字、飾り柄など)が彫られていないもの
  • 印鑑の高さが2cm以上あるもの、また印影の大きさが一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まらず、25ミリメートルの正方形に収まるもの
  • 印影を鮮明に表せるもの(ゴム印など印面が変化しやすい、縁まわりが欠損・摩滅している等は不可)

印鑑登録の廃止

 印鑑登録の廃止の方法について御案内します。
 廃止手続きは、自己の都合その他の理由により印鑑登録を必要としなくなった場合に行います。また、印鑑登録証や実印を無くしてしまった場合(亡失)、実印を変更する場合(改印)も廃止の手続きが必要です。
 なお、亡失や改印は廃止手続き後、新規登録と同じ手続きを行いますので、上記「登録申請の方法」をご覧ください。

本人が廃止申請する場合

持ちものは次の3点です。

  • 印鑑登録証(ある場合)
  • 本人確認書類(下の表A・B群のどちらか1点)
  • 住民基本台帳カード(印鑑登録証を統合している場合)

代理人が廃止申請する場合

持ちものは次の4点です。委任状は必ず、廃止を委任する本人が自筆で作成してください。

  • 印鑑登録証(ある場合)
  • 委任状
  • 代理人の印鑑
  • 代理人の本人確認書類(下の表A・B群のどちらか1点)
A群 ●運転免許証 ●パスポート ●身体障害者手帳 ●在留カード・特別永住者証明書 ●マイナンバーカード(個人番号カード) ●顔写真付住民基本台帳カード ●その他官公署発行の顔写真付身分証明書、許可書
B群 ●健康保険被保険者証 ●介護保険被保険者証 ●高齢受給者証 ●後期高齢者医療被保険者証 ●各種年金手帳 ●顔写真付社員証 ●官公署発行の写真付書類の更新中に交付される仮証明書や引換証

添付ファイル

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

市民課証明担当(市庁舎2階)

電話:0545-55-2747
ファクス:0545-53-2500
メールアドレス:shimin@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る