ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

離婚届

離婚届の手続きの方法、必要な書類や関連手続きについてご説明します。


項目 協議離婚 裁判離婚
届出期間 任意
(届出日が離婚の成立日となります。)
調停・和解の成立、請求の認諾または審判・判決の確定日から10日以内
届出人 夫と妻 調停・審判の申立人、または訴えの提起者
(届出期間内に届出をしないときは相手方からも届出ができます。)
届出場所 夫妻の本籍地、夫または妻の所在地(住所地)の市区町村役場 夫妻の本籍地、届出人の所在地(住所地)の市区町村役場
持ちもの ・離婚届書
 ※証人2人の記載が必要です。
・夫と妻の印鑑(インク内蔵式やスタンプ式は不可)
・本籍が市外の場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
・窓口に来る方の本人確認資料(下記リンクを参照してください)
・転出証明書(同時に転入届をする場合)
・国民健康保険証(加入者の氏名が変わる場合)
※ 世帯主の氏名が変わる場合、世帯全員分の国民健康保険証をお持ちください。
・介護保険被保険者証(該当者の氏名が変わる場合)
・高齢受給者証(該当者の氏名が変わる場合)
・後期高齢者医療被保険者証(該当者の氏名が変わる場合)
・住民基本台帳カード(所持者の氏名が変わる場合)
・マイナンバー通知カード(住所・氏名が変わる場合)
・離婚届書
・届出人の印鑑(インク内蔵式やスタンプ式は不可)
・調停、和解、認諾による場合
  …各調書
・審判の場合
  …審判書と確定証明書
・判決の場合
  …判決書と確定証明書
・本籍が市外の場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
・転出証明書(同時に転入届をする場合)
・国民健康保険証(加入者の氏名が変わる場合)
※ 世帯主の氏名が変わる場合、世帯全員分の国民健康保険証をお持ちください。
・介護保険被保険者証(該当者の氏名が変わる場合)
・高齢受給者証(該当者の氏名が変わる場合)
・後期高齢者医療被保険者証(該当者の氏名が変わる場合)
・住民基本台帳カード(所持者の氏名が変わる場合)
・マイナンバー通知カード(住所・氏名が変わる場合)
協議離婚は届出の際、本人確認を行います
記載例を参考にご記入ください
届出に関する注意事項
  1. 外国国籍の方との離婚する場合など複雑な届出については、事前にお問い合わせください。
  2. 休日及び窓口業務時間外に届出をする場合、市役所1階北側の守衛室窓口で受け付けます。但し、宿直の業務員が受付するため、その場で内容の確認ができませんので預かり扱いになります。また、関係する各手続きは後日営業時間内にお越しいただくことになります。

離婚後の氏

婚姻によって氏を改めた夫または妻は、離婚によって婚姻前の氏に復します。
離婚の日から3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」を提出することにより、引き続き婚姻中の氏を称することができます。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

市民課戸籍住民担当(市庁舎2階)

電話:0545-55-2749
ファクス:0545-53-3064
メールアドレス:shimin@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る