ここからサイトの主なメニューです

ライフステージから探す

  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 入園・入学
  • 就職・退職
  • 結婚・離婚
  • 引っ越し・住まい
  • 健康・医療
  • 高齢・介護
  • お悔やみ
ここからページの本文です

国民年金の加入者と届出について

国民年金の加入種別と、国民年金に関する届出の仕方について説明します。

国民年金の加入について

 国民年金への加入は、日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の全ての人に義務づけられています。
 加入者(被保険者)の種別によって保険料の納付や給付の内容が異なり、手続先も変わります。

国民年金の加入種別

 国民年金の加入者は大きく3つに分類されます。

第1号被保険者

 日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人で、自営業や農林業を営む人とその配偶者、学生、フリーター、無職の人が該当します。

第2号被保険者

 厚生年金・共済年金などに加入している会社員や公務員などで、70歳未満の人が該当します。厚生年金・共済年金の加入者は、国民年金にも加入しています。

第3号被保険者

 厚生年金や共済年金などの加入者に扶養されている20歳以上60歳未満の配偶者が該当します。なお、被扶養配偶者になっていない人は第1号被保険者となります。
※原則、第2号被保険者の配偶者が65歳未満の場合に限ります。

国民年金の任意加入制度について

 国民年金の加入義務がない人でも、任意で国民年金に加入することで保険料を納めることができます。
 保険料を納めることで、将来受け取る年金額を増やすことができます。また、老齢基礎年金の受給資格期間が不足している人は、資格期間を満たすことができる場合があります。

任意加入の対象者

(1)日本国籍を持ち、海外に住んでいる20歳以上65歳未満の人
持ち物:年金手帳、印鑑
※国民年金保険料の納付などを代行する協力者(原則として親族)が必要です。

(2)日本国内に住む60歳以上65歳未満の人
持ち物:年金手帳、印鑑、預(貯)金通帳、通帳届出印

(3)65歳になっても老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない人(特例任意加入。昭和40年4月1日以前に生まれた人が対象)
持ち物:年金手帳、印鑑、預(貯)金通帳、通帳届出印

注意事項

  • 任意加入被保険者の国民年金保険料は第1号被保険者と同じ、月額16,490円(平成29年度)です。
  • 日本国内に住所がある60歳以上の任意加入被保険者の保険料の納付は、原則、口座振替になります。
  • 保険料免除制度、納付猶予制度、学生納付特例制度の適用はありません。
  • 任意加入をやめたい場合は、市役所国保年金課で手続をしてください。
  • 65歳までに受給資格期間が40年に達した人、65歳以上で受給資格期間が25年(平成29年8月1日からは10年)に達した人は、本人の申出がなくても資格を喪失します。

国民年金の届出

 届出の際には、印鑑、年金手帳、健康保険証のほかに添付書類が必要な場合があります。届出をする前に確認してください。

会社に就職したとき

 会社等に就職して厚生年金や共済組合に加入すると、国民年金の第2号被保険者になります。この場合、特に市役所の届出は必要ありませんが、国民健康保険に加入していた場合などは、速やかに市役所へ届出をしてください。

結婚したとき(配偶者の扶養に入ったとき)

 結婚により配偶者の扶養に入ると、国民年金の第3号被保険者になります。配偶者の勤務先で加入の手続をしますので、市役所での国民年金の手続はありません。住所や氏名の変更をする場合、配偶者の勤務先に届け出てください。

会社を退職したとき

 次の就職先が決まるまでの間、第1号資格取得の手続が必要です。退職した職場から発行された「脱退連絡票」と年金手帳を持って、国保年金課で手続してください。
 なお、退職日の翌日から厚生年金・共済組合に加入している配偶者の扶養に入った場合は、国民年金の第3号被保険者となりますので、配偶者の勤務先で加入の手続をします。市役所での国民年金の手続はありません。

配偶者の扶養から外れたとき

 離婚や収入増加により扶養を外れたとき、第1号被保険者の資格取得の手続が必要です。配偶者の職場から発行される「脱退連絡票」と年金手帳を持って、国保年金課で手続してください。

転居・転出(海外転出)するとき

 第1号被保険者が転居(富士市内での住所変更)する場合は、市民課での住所変更手続により、自動的に住所が切り替わります。
 市外に転出する場合は、転出先の市区町村にお問い合わせください。

 海外に転出する場合は、第1号被保険者の資格喪失手続が必要です。国保年金課で手続してください。
 ※海外に住所を置いている期間は受給資格期間に含まれますが、将来受け取る年金額は増えません。国民年金に任意加入することで、年金額を増やすことができます。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

国保年金課国民年金担当(市庁舎3階北側)

電話:0545-55-2755
ファクス:0545-51-2521
メールアドレス:ho-kokuho@div.city.fuji.shizuoka.jp
その他:日本年金機構富士年金事務所
電話:0545-61-1900
ファクス:0545-64-5411

ページの先頭へ戻る