ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

富士市認知症パンフレット『認知症の人と家族のみちしるべ』

2016年12月08日掲載

富士市にて作成した認知症パンフレット『認知症の人と家族のみちしるべ』と別冊『日常生活圏域社会資源マップ』を掲載します。

『認知症の人と家族のみちしるべ』と別冊『日常生活圏域社会資源マップ』をご活用ください。

富士市は、認知症になっても、住み慣れた地域で穏やかに暮らせる社会の実現を目指しています。
認知症は、早期に診断を受け、適切な医療や介護につながることが、ご本人はもとよりご家族にとっても重要となります。
そこで、認知症の早期診断と早期対応への取組の一つとして、パンフレット『認知症の人と家族のみちしるべ』 (富士市認知症ケアパス)と別冊『日常生活圏域社会資源マップ』を作成しています。

認知症パンフレット『認知症の人と家族のみちしるべ』 第1版(平成27年4月作成)

「もしかして認知症ではないか?」と不安を感じたときには・・・

ご自分やご家族について、「もしかして認知症ではないか?」と不安を感じたとき役立てていただくため、認知症の人の状態に応じて、市内で受けることができる医療や介護サービス等についてまとめています。ぜひご活用ください。

平成28年4月より、次の地域包括支援センターの名称が変わりました。

このため、上記の《4 地域包括支援センターが、「認知症」の相談をお受けします》(7ページ)が変更となります。 

(旧名称)富士市西部地域包括支援センター
(新名称)富士市富士南部地域包括支援センター

(旧名称)富士市西部地域包括支援センター富士川支所
(新名称)富士市富士川地域包括支援センター

  • いずれも、担当地区、住所、電話は変更ありません。

別冊『日常生活圏域社会資源マップ』 第1版(平成27年4月作成)

身近な地域の社会資源を知りたいときには・・・

身近な地域ごとに、通える場所や、生活のお手伝い、公共交通機関の情報など様々な社会資源をまとめています。ぜひご活用ください。

こちらで配付しています

『認知症の人と家族のみちしるべ』と別冊『日常生活圏域社会資源マップ』は相談窓口や公共機関で配付しています。

相談窓口
  • 富士市介護保険課又は高齢者介護支援課
  • 地域包括支援センター
  • 高齢者地域支援窓口
  • 居宅介護支援事業所 など
その他公共機関等
  • 地区まちづくりセンター
  • 図書館 など

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

介護保険課(市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2767 
ファクス:0545-51-0321
メールアドレス:ho-kaigo@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る