ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

介護保険負担割合証(平成27年8月制度改正)

2015年06月10日掲載


 介護保険サービスを利用する場合には、費用の一定割合を利用者の方にご負担いただくことが必要です。
この利用者負担について、これまでは一律にサービス費の1割としていましたが、持続可能な制度とするため、
65歳以上(第1号被保険者)の方のうち、一定以上の所得がある方にはサービス費の2割をご負担いただくことになります。

『負担割合』 対象者
『1割負担』 1.本人が市区町村民税非課税の方
2.生活保護を受給されている方
3.本人の合計所得金額が160万円未満の方
4.本人の合計所得金額が160万円以上であり、同一世帯の65歳以上の方(本人含む)
 の課税年金収入+その他の合計所得金額が単身280万円未満、2人以上で合計346万円未満の場合
『2割負担』 1.左記以外の場合、本人の合計所得金額が160万円以上の方

 介護認定を受けている方には、個々の負担割合を記載した、『介護保険負担割合証』を毎年7月に送付します。
有効期限は8月1日から翌年7月31日までです。
負担割合証が届きましたら、速やかにご利用のサービス事業所へご提示ください。


※1 『合計所得金額』とは、収入金額から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額をいいます。
※2 『その他の合計所得金額』とは、合計所得金額から、年金の雑所得を除いた所得金額をいいます。
※3 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の要介護(要支援)認定者)は一律に1割負担となります。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

保健部 介護保険課 介護給付担当 (市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2766
ファクス:0545-51-0321

ページの先頭へ戻る