ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

私立幼稚園就園奨励費

私立幼稚園就園奨励費について

 私立幼稚園就園奨励費は、幼稚園教育の一層の普及充実を図るため、私立幼稚園に子ども(満3歳以上)を通園させている家庭に対し、所得状況に応じて、入園料・保育料を申請に基づいて減免し、保護者の経済的負担を軽減しようとするものです。減免を受けられる方は、富士市に住所を有し、私立幼稚園に在園している3・4・5歳児(満3歳児含む)の保護者で次の基準に該当する方です。

対象基準

 平成28年度の市民税所得割額(住宅取得控除等を受けている場合は適用前の額)が補助対象基準になります。
 保護者の方が実際に負担した入園料・保育料の年間合計額の範囲内で年額減額いたします。
 なお、対象基準の金額は、父母の合計額、または園児を扶養している祖父母等と生計をともにしている場合は、父母と祖父母等の合計額となる場合があります。

平成28年度補助額判定方法について

 平成28年度の私立幼稚園就園奨励費補助金は、市民税所得割額を基準に階層を判定します。
 ※各階層・基準額については、下記リンク先で御確認ください。

※「在園中の第○子」…幼稚園就園奨励費補助金制度においては幼稚園年少~小学校3年生の子どもの数をさします。
 ただし、市民税非課税世帯、所得割非課税世帯および所得割課税額77,100円以下の世帯につきましては、小学校4年生以上の兄姉も含みます。
 「幼稚園に兄姉あり」につきましては、保育園・特別支援学校幼稚園部等に兄姉がいる場合も含みます。)

例: 長男が保育園児、次男・三男が幼稚園に在園の場合 …
   →次男が在園中の第2子(幼稚園に兄姉あり)、三男が在園中の第3子(幼稚園に兄姉あり)に該当します。

例: 長男が小学3年生、次男が保育園、三男が幼稚園の場合 …
   →三男は在園中の第3子(小学校1~3年に兄姉あり)に該当します。

例: 長男が小学3年生、次男、三男が幼稚園の場合 … 
   →次男は在園中の第2子(小学校1~3年に兄姉あり)、三男は在園中の第3子(小学校1~3年に兄姉あり)に該当します 。
 
例: 長男が小学5年生、次男が小学3年生、三男は幼稚園の場合 …
  【市民税所得割課税額77,101円以上の世帯】
   →長男は園児算定区分の対象外となるため数えません。
   →三男が在園中の第2子(小学校1~3年に兄姉あり)扱いとなります。
  【市民税所得割課税額77,100円以下の世帯】
   →三男が在園中の第3子(兄姉あり)扱いとなります。

例: 長男が小学3年生、次男、三男、四男が幼稚園の場合 …
   →次男は在園中の第2子(小学校1~3年に兄姉あり)、三男は在園中の第3子(小学校1~3年に兄姉あり)、
   →四男は在園中の第3子以降(幼稚園に兄姉あり)に該当します。

※中途入退園及び転出入による住所異動の方については、実際に負担した在園期間の入園料・保育料に応じて月割計算します。

※市民税所得割額が、211,200円を超える世帯の第1子については、減免の対象にはなりません。各園を通じて申請していただいた後、税額調査等を行った結果、交付されない場合があります。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

こども未来課(市庁舎4階南側)

電話:0545-55-2762
メールアドレス:fu-kodomomirai@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る