ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

BCG


BCGは、結核の予防接種です。牛型結核菌を弱毒化してつくったワクチンです。
BCGの接種方法は、管針法と言ってスタンプ方式で、上腕の2か所に押しつけて接種します。

対象者

1歳の誕生日前日まで(ただし、5か月から8か月が望ましい。)

実施期間・場所

  • 期間:4月~3月
  • 場所:フィランセ
  • 日程:「こどもの予防接種スケジュール」をご覧ください。

接種回数

1回

注意事項

  • BCG接種後10日頃に接種局所に赤いポツポツができ一部に小さくうみをもったりします。

この反応は接種後4週間頃に最も強くなりますが、その後はかさぶたができて接種後3か月までにはなおり、小さなきずあとが残るだけになります。これは異常反応ではなく、BCGがついた証拠です。包帯をしたり、バンソウコウをはったりしないで、そのまま普通に清潔を保ってください。自然になおります。
ただし、接種後3か月を過ぎても接種の後がジクジクしているようなときは医師に診てもらってください。

  • 接種をした側のわきの下のリンパ腺がまれに腫れることがあります。通常、放置して様子をみてかまいませんが、ときにただれたり、大変大きく腫れたり、まれに化膿して自然にやぶれてうみが出ることがあります。その場合には医師に診てもらってください。
  • 接種後10日以内に局所の発赤・腫脹及び接種局所の化膿等を来たすようなときには、健康対策課健診担当(0545-64-8992)に必ず連絡をください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

健康対策課健診担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-8992
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:ho-kenkou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る