ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

高齢者肺炎球菌ワクチン接種について


 肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌という細菌によっておきる呼吸器疾患の重症化を予防する効果があります。高齢者は、乳幼児が接種する肺炎球菌ワクチンとは異なるワクチンを接種します。

定期接種の対象者(節目年齢の人)

平成29年度の対象者

65歳 昭和27年4月2日生まれ~昭和28年4月1日生まれ
70歳 昭和22年4月2日生まれ~昭和23年4月1日生まれ
75歳 昭和17年4月2日生まれ~昭和18年4月1日生まれ
80歳 昭和12年4月2日生まれ~昭和13年4月1日生まれ
85歳 昭和7年4月2日生まれ~昭和8年4月1日生まれ
90歳 昭和2年4月2日生まれ~昭和3年4月1日生まれ
95歳 大正11年4月2日生まれ~大正12年4月1日生まれ
100歳 大正6年4月2日生まれ~大正7年4月1日生まれ

*満60歳~65歳未満の人で、予防接種法で定められている人(心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する人)も接種の対象となります。
*過去に肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種している人は対象となりません。

対象者には、4月に予診票を送付します。
60歳~65歳未満の対象となる人で接種を希望する人は、健康対策課までご連絡ください。予診票を送付します。(電話0545-64-8992)

実施期間、実施場所

【実施期間】 
 平成29年4月1日~平成30年3月31日

【実施場所】 
 市内高齢者肺炎球菌ワクチン実施医療機関

接種回数・自己負担金・持ち物

【接種回数】

1回

【自己負担金】

3,000円(生活保護受給者は無料です。証明するものをお持ちください。)

【持ち物】
  • 65歳以上の人:予診票、自己負担金、年齢のわかる公的証明書(介護や医療の保険証など)
  • 60~64歳の人:予診票、自己負担金、身体障害者手帳、年齢のわかる公的証明書(健康保険証など)

※健康手帳をお持ちの方はご持参ください。

長期入院、入所中で市外の医療機関で接種をしなければならない場合

 市外の病院に長期入院中、施設等に入所中で、やむを得ず富士市外での接種が必要な場合は、富士市が発行する予防接種依頼書を医療機関に提出して、接種を受けてください。
※依頼書の発行には数日かかりますので、お早めに申請してください。

料金については、静岡県の市町間相互乗入制度に入っている医療機関で接種する場合は、3,000円となります。静岡県の市町間相互乗入制度が使えない場合は、全額自己負担になる場合があります。

依頼書の交付申請の方法については、富士市フィランセ健康対策課までお問い合わせください。
交付申請書はダウンロードできます。

任意接種の対象者(定期接種の対象者以外の人)

対象者

 定期接種の対象以外の、65歳以上になる富士市に住民登録のある人で接種を希望する人。ただし、過去に肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)を接種している人は対象となりません。

助成額

  • 接種料金は医療機関ごとに違います。
  • 接種1回につき3,000円を助成します。予防接種料金の金額から3,000円を差し引いた金額を、医療機関でお支払いください。

助成の受け方

 接種を希望する人は、接種する前に健康対策課へ申請してください。専用の予診票を交付します。健康対策課で発行した予診票以外では助成が受けられません。
 *接種後の申請では、受付できません。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

健康対策課健診担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-8992
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:ho-kenkou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る