ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

不妊・不育治療費助成金

2017年04月01日掲載


 不妊・不育に悩む御夫婦の経済的負担の軽減を図るため、国内の医療機関において不妊治療・不育治療に要した費用の一部を助成します。
 平成28年4月1日から「富士市不妊・不育治療費補助制度」を拡充しました。補助上限は1年度あたり50万円で、子の人数による制限はなく、市内在住の夫婦が対象です。
 また、平成28年1月20日から「静岡県特定不妊治療費助成制度」が拡充され、男性不妊治療費の助成が新たに開始されました。 
申請先・申請書類等は各制度により異なります。
 詳しくは、健康対策課母子保健担当(電話0545-64-8994)までお問い合わせください。

富士市不妊・不育治療費補助事業

対象となる治療費

人工授精治療費補助金申請分を除く不妊治療または不育治療に要した費用で、保険適用自己負担分を含む。
静岡県特定不妊治療費助成事業との併用も可能です。

対象者

今年度、不妊治療・不育治療の受診日において夫又は妻が富士市に住所を有し、実際に居住している戸籍上のご夫婦。
なお、第三者の精子もしくは卵子の提供を受ける、第三者が妻の代わりに妊娠・出産する等の場合は対象となりません。また、他の同種の補助を受けている場合は対象となりません。

対象となる期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日までです。
1年度あたり2回まで、通算5箇年度までご利用いただけます。(平成28年度までに利用した年数を数えます)

補助金額

 当年度において不妊治療・不育治療に要した費用から保険適用額及び静岡県特定不妊治療費補助金(利用した方のみ)を控除した額の2分の1の額。
 ただし、富士市人工授精治療費補助金と合わせて、1年度につき50万円を上限とします。
 なお、100円未満の端数は切捨てとなりますので御了承ください。

平成29年度に申請できる領収書

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの治療分です。

申請期間と手続き

 平成29年4月1日から平成30年3月30日までです。
 (※3月31日の治療費領収書は、一旦申請後、4月4日までに提出してください)
 補助金の交付を受けるためには、手続きが必要です。
 制度や手続きについてご説明させていただき、必要な書類をお渡ししますので、フィランセ西館1階の健康対策課にお越しください。
 期限を過ぎると、補助金の交付を受けられませんのでご注意ください。
 補助金額に達したときや、治療が終了したときは、速やかに申請を行ってください。年度途中でも申請は可能です。

 なお、手続きの際に治療を受けた医療機関の領収書が必要となりますので、必ず保管しておいてください。
 また、静岡県特定不妊治療費助成事業を利用した方は、県から送付される「補助金の交付について(決定及び確定)」が届きますので、その書類を持って申請を行ってください。(「補助金の交付について(決定及び確定)」が3月31日に間に合わない場合は、事前にご相談ください。

富士市人工授精治療費補助事業

対象となる治療費

 一般不妊治療のうち、保険診療適用外の人工授精に係る治療

対象者

 今年度、人工授精治療受診日において夫または妻が、富士市に住所を有し、実際に居住している戸籍上のご夫婦。

対象となる期間

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までです。
 1年度あたり1回の助成とし、通算2回が限度です。ただし、出産後次の妊娠を望む御夫婦は再度対象となります。

補助金額

 人工授精治療に要した保険診療適用外の費用の10分の7の額で、1年度あたり6万3千円を限度に助成します。
 ただし妻の年齢が40歳以上、または夫婦の合計所得が730万円以上である場合は、10分の5の額で1年度あたり4万5千円を限度とします。

平成29年度に申請できる領収書

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの治療分です。

申請期間と手続きについて

 平成29年4月1日から平成30年3月30日までです。
 (※3月31日の治療費領収書は、一旦申請後、4月4日までに提出してください)
 期限を過ぎますと、補助金の交付を受けられませんのでご注意ください。
 制度や手続きについてご説明させていただき、必要な書類をお渡ししますので、フィランセ西館1階の健康対策課にお越しください。
 なお、手続きの際に治療を受けた医療機関の領収書が必要となりますので、必ず保管しておいてください。

静岡県特定不妊治療費助成事業

 静岡県でも特定不妊治療・男性不妊治療に対する助成事業があります。
 県の助成事業につきましては、富士健康福祉センター(県富士総合庁舎)福祉課へお問い合わせください。

富士健康福祉センター

電話 0545-65-2639

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

健康対策課 母子保健担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-8994
ファクス:0545-64-7172
メールアドレス:ho-kenkou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る