ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

3歳児健康診査


 富士市では、母子保健法に基づき、身体発育・精神発達面からも重要な時期である3歳児について、医師・歯科医師等による総合的な健康診査を実施しています。

対象

 市内在住の3歳児(健診実施日は満3歳1ヶ月)

内容

  • 問診
  • 眼科健診
  • 身体計測
  • 内科健診
  • 歯科健診
  • 屈折(視力)検査
  • 食事の話
  • 絵本の読み聞かせ・セカンドブックふじ
  • 健康・栄養相談
  • 心理相談(希望者)
  • 歯科相談、フッ化物塗布(希望者)

健診日

以下のPDFファイルをご覧ください。

健診会場

 フィランセ 西館2階

受付時間

 午後1時から1時50分まで(健診は2時間程度かかります。お時間に余裕を持ってお越しください。)

持ち物

  • 母子健康手帳(親子健康手帳)
  • 受診票1枚 問診票(健やか親子21アンケート)1枚 (記入してお持ちください)
  • 尿
  • お子さんが正面を向いた顔の画像または写真(フラッシュ撮影したものが望ましい)
  • 歯ブラシ(仕上げみがき用で毛先が広がっていないもの)タオル

尿検査について

 健診当日の朝一番の尿をとってご持参ください。(尿検査用の容器は、御案内と一緒に郵送します。)

眼科健診・屈折検査について

 眼科医による診察と、視能訓練士による眼科検査機器を用いた屈折検査を行います。
 子どもの目の機能は生まれてから発達を続け、6歳でほぼ完成します。目に異常(遠視・近視・乱視等)があると目の発達が遅れ、良い視力が得られません。異常は早期に見つけ、治療することが大切です。

  • ご家庭では、同封の「お子さんの視力検査の方法」を見て、お子さんの機嫌の良いときに検査を行ってください。検査結果を問診票に記入してください。
  • 眼科医師による診察では、お子さんの眼位の異常(斜視)の有無を調べます。当日お子さんが泣いてしまって診察出来ない場合は、写真で確認させていただきますので、携帯電話等でフラッシュ撮影した、お子様の正面画像をお持ちください。
  • 視能訓練士による屈折検査をおこないます。

聴力検査について

「聴力検査の方法」を見て、ご家庭で検査を行ってください。
 検査結果を受診票に記入してください。

歯科健診・フッ化物塗布について

  • 歯科健診がありますので、事前に歯みがきをしてからお越しください。
  • フッ化物塗布をしてから30分間飲食できませんのでご注意ください。

セカンドブックふじ

この事業は、中央図書館が主体となり、保護者が子どもと直接向き合い、絵本の読み聞かせをして、
子どもの感性や想像力を豊かに育てる時間が作れるよう応援する事業です。当日、絵本の読み聞かせと、絵本のプレゼントがあります。 (中央図書館 図書担当 電話 0545-51-4946)

その他

  • 病中、病後の方は無理せず体調が回復してから受診してください。また水ぼうそう、おたふくかぜ、嘔吐下痢症など、人に感染するおそれのある病気の場合は、日を変えて受診してください。
  • 健診は2時間程度かかります。お時間に余裕を持ってお越しください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

地域保健課総務担当(本市場432番地の1 富士市フィランセ内)

電話:0545-64-8994
ファクス:0545-64-9030
メールアドレス:ho-chiiki@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る