ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

麻しん(はしか)患者が発生しました

2018年10月05日掲載


 平成30年10月3日、富士市内の医療機関から富士保健所に、麻しん患者の発生について届出がありました。
 富士保健所が調査をしたところ、周囲へ感染させる可能性のある状態で患者が9月23日から10月2日にかけて富士市内及び静岡市内の商業施設等を利用していたことがわかりましたので、注意喚起します。
 麻しんを疑う症状が現れた場合は、事前に医療機関に連絡し、マスクを着用の上、指示に従い受診してください。また、移動の際は、周囲への感染を拡げないよう、公共交通機関等の利用を避けてください。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

保健医療課(市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2739 
ファクス:0545-53-5586
メールアドレス:ho-iryou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る