ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

熱中症に注意しましょう!

2018年07月17日掲載


 市内では、気温の高い状態が続いており、熱中症にかかる恐れが非常に高くなっております。暑さを避けて、こまめに水分を補給しましょう。
 また、室内でも、熱中症になる可能性がありますので、体調管理に十分注意してください。

熱中症の主な症状は

 熱中症とは、体の内と外の「暑さ」によって引き起こされる様々な体の不調です。

 次の症状があったら熱中症を疑いましょう。

  • 軽度 めまい、立ちくらみ、大量発汗、筋肉の硬直、手足のしびれ
  • 中度 頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感
  • 重度 意識がない、けいれん、手足の運動障害、高体温、呼びかけに対し返事がおかしい

熱中症を予防するには

■暑さを避ける

 気温や湿度が高いときは、屋外での長時間の活動を避け、帽子や日傘などで直射日光に当たらないように工夫しましょう。また、屋内でじっとしているだけでも熱中症になる場合があります。扇風機やエアコンを上手に使い、室温の上昇や風通しに気をつけましょう。
 急に気温が上がった時は、体が暑さに慣れていないため、特に注意しましょう。

■十分な水分補給をする

 自分では気づかないうちに脱水症状が進んでいる場合があります。喉が渇いていなくても、こまめに水分を補給しましょう。汗をかいたときには、塩分も補給しましょう。

■服装に気をつける

 吸湿性や通気性のよい素材で、ゆったりとした風通しのよい衣服、熱を吸収しにくい白色系の衣服を選びましょう。

■体調を整え、体力を維持する

 休養と睡眠を十分にとり、ミネラルやビタミンを補給するために、野菜類や海藻類などをたくさん食べましょう。また、疲労回復のために、たんぱく質を積極的にとりましょう。

■熱中症予防を呼びかけ合う

 一人一人が周囲に気を配り、声をかけ合いましょう。それぞれが予防意識を高めることで、熱中症の発生を防ぐことができます。

◇環境省の熱中症予防情報サイトでは、「暑さ指数」を用いた各地域の注意情報などをご覧いただけます。

高齢者や子どもは特に注意!

 高齢者は体温調節機能が低下してくるため、暑さへの対応が遅れる可能性があります。また、子どもは体温調節機能が十分に発達していないうえ、自分で気温や体の状況を正確に把握できないことがあるため、対応が遅れがちです。
 身の周りに高齢者や子どもがいる人は、温度計などで気温を確認したり、こまめに水分補給を促すなど、気を配るよう心がけてください。

もしも熱中症になったら

手当の基本は、 「安静」「冷却」「水分・塩分補給」 です!

  1. すぐに風通しのよい日陰や、涼しい場所で休ませる
  2. 衣服を緩めて、うちわなどで風を送り、ぬれタオルや冷却材などで体を冷やす(特に首の周り、脇の下、足のつけ根など)
  3. スポーツドリンクや経口補水液などで、水分と塩分を補給

※熱中症は、重症になると命に関わる危険性もあります。自力で水を飲めない、意識がない場合は、直ちに救急車を呼びましょう!また、手当てをしても症状が回復しない場合は医療機関を受診しましょう。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

※上記リンクは「Weblio辞書」のページを新しいウィンドウで開きます。
用語解説については、「Weblio」までお問い合わせください。

お問い合わせ

保健医療課(市庁舎4階北側)

電話:0545-55-2739 
ファクス:0545-53-5586
メールアドレス:ho-iryou@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る