ここからサイトの主なメニューです

富士ペディア

ここからページの本文です

富士山観測の記録

富士山の観測記録を掲載しています。

富士山観測の記録

観測の目的及び経緯

 富士市では、平成3年3月に「富士・愛鷹山麓地域環境管理計画」を策定し、富士・愛鷹山麓の貴重な自然の保全、創造等に積極的に取り組んでいます。同計画は、その「基本理念」の第三として「富士・愛鷹自然風景の保全」を掲げ、「自然景観」を、環境を構成する重要な要素のひとつと位置づけています。ところが、計画策定当時、計画実施の基礎となる富士山の眺望についての観測記録が存在しなかったため、定時、継続的データの収集を目的として、平成2年5月に観測を開始しました。 
 観測は当初、環境管理対策室で行い、市の機構改革に伴って、平成3年4月からは政策推進室、平成6年4月からは政策推進課、平成10年4月からは企画課で行っています。

観測方法

(1)場所・時刻等

毎日、8時、12時、16時の3回、市庁舎8階(環境管理対策室当時は6階)から、目視または定点カメラにて観測

(2)見え方の分類

富士山を上部、中央部、下部の3つに分け、見える部分を記録しています。観測は目視であるため、上中下の区分は厳密なものではありませんが、おおよそ、 下記のとおりとしています。

上部 標高2,700メートル程度(宝永山山頂(標高2,693メートル)付近)~山頂
中央部 標高1,500メートル程度(表富士周遊道路旧料金所付近)~標高2,700メートル程度
下部 標高500メートル程度(国道469号線(標高600メートル程度)のやや下)~標高1,500メートル程度

また、この区分は、植物の垂直分布とも概ね対応しています。

【参考】

なお、一部が見える場合には多くのパターンがありますが、全てのケースを「一部が見えた」とし、

  1. 全体が見えた
  2. 一部が見えた
  3. 全く見えない

の3分類でデータを掲載しています。

富士山ライブカメラ

関連リンクより富士山のライブ映像をご覧いただけます。ぜひご利用ください。

平成29年の状況

平成29年の「富士山の全体が見えた」日数は、午前8時の観測では、年間153日(前年比+15日)でした。また、「全体が見えた」と「一部が見えた」を合わせた日数は、年間214日(前年比+14日)でした。

全体が見えた日数 一部が見えた日数 全く見えない日数
1月 25日 2日 4日
2月 19日 3日 6日
3月 15日 4日 12日
4月 7日 3日 20日
5月 12日 6日 13日
6月 6日 8日 16日
7月 2日 2日 27日
8月 7日 3日 21日
9月 8日 8日 14日
10月 11日 8日 12日
11月 17日 8日 5日
12月 24日 6日 1日
合計 153日 61日 151日

富士山観測の記録(冊子)

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

企画課(市庁舎8階北側)


電話: 0545-55-2718
ファクス:0545-53-6669
メールアドレス:so-kikaku@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る