ここからサイトの主なメニューです

楽しむ

ここからページの本文です

第30回かりがね祭り

2017年06月27日掲載

雁堤を築堤した古郡氏三代の偉業を後世に残すため、古郡文右衛門重年没後300年の記念事業として、昭和62(1987)年10月の第1土曜日に旧建設省の後援により「かりがね祭り」が始まりました。かりがね祭りのメインとなる投げ松明は見ごたえ十分です。

開催日時

(写真)かりがね護所太鼓

 平成29年10月7日(土曜日)正午から午後8時30分

 雨天の場合は、10月8日(日曜日)
 当日の開催状況はおしえてコールふじ0545-53-1111へお問い合わせください。

主催

 かりがね祭り実行委員会

後援

 富士市
 国土交通省甲府河川国道事務所

プログラム

  • 10時30分 瑞林寺にて古郡氏供養墓参(かりがね祭り実行委員会代表者)
  • 12時 チャレンジゲーム 8の字とび(生涯学習推進会)
  • 13時 オープニングセレモニー(鼓笛隊演奏)
  • 13時20分 開会宣言・投げ餅・舞台出演団体表彰式

昼の部

  • 14時~14時40分 かりがね護所太鼓保存会
  • 14時40分~18時 民謡・よさこい・フラダンス・小学生ステージ・一般踊り大会など

夜の部

  • 18時~18時30分 あいさつ・来賓祝辞・ちびっこ宣言
  • 18時30分~18時50分 かりがね祭り30周年記念 チアダンス(C-STAR スタジオ)
  • 19時~20時 投げ松明・太鼓競演 
  • 20時~20時30分  花火
  • 20時30分 終了 

※時間は目安であり、進行状況により多少前後することがあります。

交通規制について

 12時~21時まで行われます。ご協力をお願いします。
 20時20分以降は護所神社横階段は通行止めとなります。スロープをお使いください。

投げ松明へのご参加を希望される方へ

昨年から、投げ松明へのご参加を希望される方の申込方法が変更になりました。未成年者の参加につきましては、事前にお申込みいただく必要がございますので、あらかじめご了承ください。

一般成人の方

お祭り当日の16時30分から投げ松明参加希望者の受付を開始します。希望者は投げ松明受付までお越しください。なお、怪我防止のため長袖・長ズボン・ヘルメット・軍手・ゴーグル・動きやすい靴(サンダル、ハイヒール不可)を着用していただいています。着用していない場合、投げ松明への参加はできませんのであらかじめご了承ください。また、昨年度からは受付の際に同意書を提出していただくことになりました。下の同意書をダウンロードしていただき、署名・捺印のうえ受付までお持ちいただくか、受付にてご記入くださいますようお願いいたします。
なお、ヘルメット・ゴーグルは受付にて貸出しできますが、数に限りがあるため、なくなり次第受付を終了させていただきます。

未成年者(20歳未満)の方

小学生の投げ松明参加は、安全管理を徹底するため、事前に子ども会を通じてお申込みいただいた岩松・岩松北地区の小学生のみとさせていただいています。他地区や遠方からお越しの方はご参加いただけませんのでご了承ください。
中学生以上の方は、事前にお申込みいただいた方に限りご参加いただくことができます。下の申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、かりがね祭り実行委員会事務局(岩松まちづくりセンター)までお申込みください。
なお、投げ松明に参加する際は、一般成人の方同様の服装でお越しください。大変危険なため、条件を満たしていない場合には参加をお断りしておりますので、ご了承ください。

かりがね祭り写真コンクールについて

かりがね祭り期間中のものに限った情景をテーマにご応募いただいた写真のうち、厳正な審査のうえ入選した作品について、作品展示を行っています。応募方法や申込期間、写真展の期間等の詳細につきましてはかりがね祭り実行委員会事務局(岩松まちづくりセンター)までお問合せください。
また、かりがね祭り写真コンクールへの応募目的のために、投げ松明会場内での撮影を希望される方は、先着50名に限り、会場内での撮影許可スペースに入場することができます。ご希望の場合は、祭り当日16時から18時までの間に本部受付までお申込みください。

Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

岩松まちづくりセンター(松岡837番地の7)


電話: 0545-63-5210
ファクス:0545-63-5212
メールアドレス:c-iwamatu@div.city.fuji.shizuoka.jp

ページの先頭へ戻る