富士市
防災・安全安心 | くらし・手続 | 健康・福祉・子育て | まちづくり | 教育・文化・スポーツ | 産業・事業者 | 市政情報
妊娠・出産
妊娠したら
母子健康手帳(親子健康手帳)の交付
 妊婦さんに、妊娠・出産の経過、乳幼児の発育状況を記録する母子健康手帳(親子健康手帳)を交付します。
妊婦健康診査
 妊婦さんとお腹の赤ちゃんの健康管理のため、妊婦健康診査の費用を一部公費負担します。
お母さんお父さん教室
 初妊婦さんを対象に妊娠中の過ごし方や出産・育児のための講話や歯科健診などを行います。
出産したら
出生届
 子どもが生まれたときは出生届けが必要です。
 富士市役所市民課相談窓口(2階)へ、生まれた日を含めて14日以内に届出してください。
出産育児一時金の支給について
 子どもが生まれ、上記の出生届けを済ませると、加入している健康保険から一時金が支給されます。
赤ちゃん訪問
 赤ちゃんのいる家庭を保健師や助産師等が訪問して、お母さんや赤ちゃんの健康や育児等について相談に応じます。
助成制度
不妊治療費助成金
 不妊に悩む御夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療に要した費用の一部を助成しています。
 平成26年度より、人工授精治療に静岡県の補助事業が始まりました。それに伴い、市の補助事業が富士市不妊治療費補助事業と、富士市人工授精治療費補助事業の2つの制度に変更されました。
未熟児養育医療
 生まれたときの体重が2000g以下、又は2000gを超えていても生活力が特に薄弱な赤ちゃんを対象に、指定を受けた医療機関への入院治療に伴う医療費を助成する制度です。満1歳の誕生日の前日までの期間が対象です。
風しんワクチン、麻しん・風しん混合ワクチン接種費用の一部を助成します
 妊娠初期の女性が風しんにかかると、おなかの赤ちゃんが先天性風しん症候群という病気になることがあります。
 この病気により、赤ちゃんは、心臓病、白内障、聴力障害などの障害をもつ可能性が高くなります。風しんの抗体がない人は、妊娠する前に予防接種を受けましょう。
助産施設の利用
 富士市内に居住する妊産婦で、保健上必要があるにもかかわらず、一般の産科病院又は助産所に入院するための費用の全額、又はその一部を負担できない等、経済的理由により入院助産を受けることができない方が対象になります。
まちづくりセンターの妊婦対象事業
まちづくりセンターの妊婦対象事業
 出産を控えた妊婦さんが、出産前後の母体のことや、乳幼児期の子育てについて学びます。すこやかに生み育てることの素晴らしさを共有できる仲間を見つけ、貴重で楽しい妊婦生活を応援します。
ふじさんてらすMierula(ミエルラ)
ふじさんてらすMierula(ミエルラ)
プロポーズ、結婚、誕生日、七五三、家族や友人の記念日などに「ふじさんてらすMierula」を利用してみませんか。
市役所にお越しの方へ
市役所へのアクセス
開庁時間
トップへ ページの先頭へ
富士市ウェブサイト「くらしと市政」について | 個人情報の取り扱い | アクセシビリティ | 著作権・リンク・免責事項 | ご意見・お問い合わせ |
富士市
〒417-8601 静岡県富士市永田町1丁目100番地
電話 0545-51-0123(代表)
ファクス 0545-51-1456
メールアドレス kouhou@div.city.fuji.shizuoka.jp
Copyright(c)2014 City of Fuji All rights reserved.